現役エンジニアに悩みや疑問を30分間無料で質問し放題!

【Flutter】material library・MaterialAppとは? Google推奨のマテリアルデザインを実装

flutter MaterialApp

今回はFlutterアプリ開発の核となるMaterial Design (マテリアルデザイン)、material library(マテリアルライブラリ)、MaterialAppについて紹介します。

目次

Material Design(マテリアルデザイン)とは?

マテリアルデザイン(Material Design)とはGoogle推奨のデザインで、現実世界の物理的法則を取り入れており直感的なイメージが湧きやすいデザインです。

マテリアルデザイン1
マテリアルデザイン2
マテリアルデザイン3

そしてマテリアルデザインで提供されている様々なカラー、サウンド、アイコンなどのデザイン・機能をアプリ開発に組み込むことができます。

material library(マテリアル ライブラリ)とは?

material libraryとは先ほど紹介したマテリアルデザインのデザイン・機能がつまったライブラリで、Widgetとしてマテリアルデザインを使用できます。

import 'package:flutter/material.dart';

material libraryのWidgetを使用するにはパッケージをインポートしておく必要があります。(新規Flutterプロジェクトを作成するとデフォルトで「main.dart」にインポート済み)

MaterialAppとは?

MaterialApp1

MaterialAppを一言でまとめると「material libraryのWidget(MaterialApp以外)を使用する前に実装しておく必要のあるWidget」です。

MaterialApp2

仮にMaterialAppを実装せずにmaterial libraryのWidgetを使った場合はエラーが発生します。

以上です。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる