現役エンジニアに悩みや疑問を30分間無料で質問し放題!

【Flutter×Dart】main()とrunApp()|main.dartの書き方

FlutterDart main() runApp()

今回はmain.dartファイルでプログラムを書いていく際に必要不可欠な「main関数」とFlutterアプリ開発で必要となる「runApp関数」について解説します。

目次

main関数とは?

void main() {
  print("Hello World");
}

//出力
//Hello World

main関数とはアプリの1番初めに呼び出される関数で、main関数で書いたコードが順に実行されます。

runApp関数とは?

void main() {
  runApp(MyApp());
}

runApp関数でWidgetツリーの始まり(root)となるWidgetを指定できます。このコードではMyAppをWidgetツリーの始まりとしています。

runApp関数の例

//ソース
import 'package:flutter/material.dart';

void main() {
  runApp(MyApp());
}

class MyApp extends StatelessWidget {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      home: Scaffold(
        appBar: AppBar(
          title: const Text("Flutter"),
        ),
        body: const Center(
          child: Text("Hello World"),
        ),
      ),
    );
  }
}

Arrow関数で1行にまとめる

void main() => runApp(MyApp());

Arrow関数を使えば、main関数とrunApp関数のコードを1行にまとめることができます。

以上です。

参考

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる