Udemyセール開催中! 対象コースが1,220円から

【本当に稼げる?】テックアカデミーワークスで副業するならコース選びが大切

テックアカデミーには卒業生が未経験からでも確実に副業を始められる「テックアカデミーワークス」と呼ばれるサービスがあります。

このテックアカデミーワークスがめちゃくちゃ凄くて、案件受注から納品までをメンターサポートを受けながら行いお金を稼げてしまうんです!

「ちょっと、凄すぎ」と思い私なりにテックアカデミーワークについて調べてみた結果「はじめての副業はできるけど稼げない人も出てくるだろうな」と思ったので本記事で私の見解を紹介していきます。

目次

そもそもテックアカデミーワークスとは?

テックアカデミーワークスより

冒頭でも軽く紹介しましたが、テックアカデミーワークスとはテックアカデミーの対象コースを卒業し実力テストに合格できた人が利用できる「卒業生向け副業案件紹介・支援サービス」です。

テックアカデミーワークスの魅力は、1件目の案件は100%受注できる上メンターのサポートを受けながら何度でも案件受注ができてしまう点です。

しかも、テックアカデミーが案件依頼企業から受注した依頼を卒業生に紹介しているので「納品したけど報酬が払われなかった!」みたいなことも起きないので安心です。

要するに、テックアカデミーワークスとは未経験者にとっては夢のようなサービスなんです!

けど私は良い話ほど怖いものはないと思っており、テックアカデミーワークスにおける注意点を私の見解からお話しできたらと思います。

ここから先の内容は私のただの憶測なので参考程度にしてください。

「1件目の案件獲得100%」裏を返せば「2件目の案件獲得保証はない」

個人的にテックアカデミーワークスの一番凄いと思ったのが1件目の案件獲得が100%保証されている点です。普通に考えて実務未経験で登録しただけで案件が100%受注できるってありえません。

案件受注を何度もできてお金を稼げてしまったら、ちょっとしたお小遣い稼ぎをしたい人の場合は別のクラウドソーシングサイトに登録する必要もなくなり最高すぎます。

しかしながら、当然のように2件目以降では案件獲得の100%保証が記載されていません。

要するに「案件を何度も獲得できる人もいれば、2件目からは案件が獲得できない人もいる」ってことの暗示だと私は思っています。

スキルが高い人に案件は奪われる!

テックアカデミーワークスが利用できる対象コースは現時点で5コースあり、テックアカデミーワークスに登録している卒業生全員が案件獲得のライバルになります。

要するに、ボクシングで例えるなら無差別級の案件争奪戦になるわけです!

勘の良い方は既にお気づきかもしれませんが、同じ案件に複数人応募した場合より高いスキルを持った人が案件を受注できるはずなんです。よって、スキルが一番低い「はじめての副業コース」の卒業生は案件獲得がかなり厳しいと言えるでしょう。

「そんなの酷い!」と思うかもしれませんが、より高い受講料を払って高いスキルを身につけたテックアカデミー卒業生からすれば「こっちの方がたくさんお金払っているから当然でしょ!」と思うはずです。

それにテックアカデミー運営側からしても「大金を積んで勉強してくれた人に良い案件を与えてあげたい」って気持ちが働くはずです。(そうじゃないと、ちょっと問題です)

実際、私もこの仕組みが存在するならフェアで良いと思います。

もし仮に卒業したコースによって案件獲得のし易さが変わらないなら、私は一番受講料が安い「はじめての副業コース」のライトプランを卒業してテックアカデミーワークスに登録し、必要なスキルはコスパ最強の「Udemy(ユーデミー)」で身につけます。

しかしながら、こんなやり方でスキルを身につけた人に運営側が喜んで案件を紹介するのは難しいと私は思います。

もしこれが正当化されるなら、独学でプログラミングを学習できる人や既にスキルがある人は「はじめての副業コース」を卒業してテックアカデミーワークスも利用して案件獲得すれば良いので。

そもそも論で2件目以降の案件は取れる?

テックアカデミー:はじめての副業コースより

読者の中には身に付くスキルが一番低い「はじめての副業コース」の卒業生は2件目以降の案件獲得は難しそうと思った方は多いはずです。

また、より高いスキルが身に付く「デザイン実践ポートフォリオコース」や「フロントエンド副業セット」を卒業して本当に2件目以降も案件受注できるのか心配になった方もいると思います。

これに関して私は「人によっては何度も受注可能」だと思います!

と言うのも、テックアカデミーとしてはテックアカデミーワークスに登録している卒業生が案件を受注して納品してくれれば結果としてテックアカデミーの利益になるからです。

テックアカデミーワークスでは案件依頼会社からお金をガッツリ受け取っているはずなので、その一部を納品した卒業生に渡したところで痛くも痒くもないからです。

テックアカデミーワークスを通して案件を受注したテックアカデミー卒業生はメンターサポートを受けながら納品すればお金を稼げるので「案件依頼会社」「テックアカデミー」「卒業生」全員に利益がでる「WinWin」の仕組みでコース選びを間違えなければ2件目以降も案件受注できると私は思います。

テックアカデミーワークスは「課金ゲー」要素がある

完全に私の憶測ですが、テックアカデミーワークスで案件を何度も受注するにはテックアカデミーで「複数のコース」または「高額なコース」で他の登録者よりもスキルを高める必要があると思っています。

要するにお金を積めば積むだけ良い案件を受注できるような「課金ゲー」の要素があるのではと感じています。

「はじめての副業コース」の場合は、その名の通り「はじめての副業」はできるけど2件目以降の案件受注は難しく、メンターからは「〇〇コースで〇〇のスキルを身につければ〇〇の案件を獲得しやすくなるはずです。」と勧められるのではないでしょうか?

結論

テックアカデミーワークスは1件目の案件を100%受注して納品までメンターがサポートしてくれるので安心して始めての副業の流れを体験できます。

しかしながら、2件目以降の案件受注は保証されていないのでより高確率で案件を受注するためには、より高度なスキルが身に付くコースで初めから入学しておくのが良いと思います。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる