Shopifyの特徴とは? メリット・デメリットをわかりやすく紹介

Shopifyの特徴とは?
悩んでる人

ECサイトを始めるなら「Shopify」が良いって聞いたけど実際何がすごいんだろう…

ショッピー

Shopifyを利用すれば低コストで簡単にオンラインビジネスを始められるのじゃ。本記事ではShopifyの特徴やメリット・デメリットについて紹介していくぞい!

本記事がおすすめな人
  • オンラインビジネスに関心がある
  • Shopifyの特徴が知りたい
  • Shopifyのメリット・デメリットが知りたい
目次

Shopifyとは?

shopify 特徴

Shopifyとは世界No.1シェアのECサイト構築プラットフォームで、世界175カ国、170万以上のオンラインショップがShopifyで運営されており、2017年に日本にも参入しました。また、Shopifyは国内におけるオンラインビジネスはもちろん、様々な言語、海外通貨、支払い方法に対応しているので越境ECに強いのが特徴的です。

ショッピー

ちなみに「EC」とは「Eコマース」の略でネット上でモノやサービスが売買されることを呼び、オンライン上の販売サイトを「ECサイト」と呼ぶのじゃよ。

Shopifyのメリット・デメリット

shopify メリット・デメリット
悩んでる人

Shopifyが世界中で人気ってことはなんとなく分かったけど、もっと深く特徴を知りたいな…

ショッピー

それでは、Shopifyの主なメリット・デメリットについて簡潔に説明していくぞい!

Shopifyのメリット1:低コストの月額料金で始められる

ベーシックプランスタンダードプランプレミアムプラン
$29/月(3190円)$79/月(8690円)$299/月(32890円)
最大アカウント数:2最大アカウント数:5最大アカウント数:8
1番初めにおすすめのプラン!

少人数でECサイトの管理を行うならベーシックプランで十分。
取引手数料が安くなる!

ECサイトが軌道に乗ってきたらベーシックプランからのアップグレードを検討してみよう。
高性能レポート機能で更なる収益化!

詳細レポート機能など高性能機能を必要とする大手・中企業向けプラン
1米ドル = 110円で計算した場合の月額料金

Shopifyは月額29米ドル、日本円にして約3000円と低コストの月額料金からオンラインビジネスを始められます。また、最安プランのベーシックプランでも十分な機能がついており、2つのスタッフアカウントで1つのECサイトを運営できます。

悩んでる人

同じECサイト構築プラットフォームに月額料金無料で始められる「BASE」があるけどコスト面だけで考えれば「Shopify」が悪い気がするわ。

ショッピー

良い質問なのじゃ!

実際月額料金だけを見れば「BASE」の方がお得なのじゃが、Shopifyの取引手数料はBASEよりも安く、ECサイトでの月の売り上げ見込みが10万円以上の場合は「Shopify」でECサイトを運営する方がお得なのじゃよ。

ECサイトで月10万円以上の売り上げが見込まれる場合、月額料金無料で始められる「BASE」よりも「Shopify」の方がお得!

Shopifyのメリット2:集客・販売力が優れている

立ち上げたばかりのECサイトは検索エンジンに上位表示されず、無数あるサイトの中に埋もれた塵に等しい状態です。よって自分のECサイトにユーザーを呼び込むための集客化がオンラインビジネスにおける一つの課題です。

ただ、Shopifyを使用すれば比較的簡単に様々な集客化システムを導入できます。

主な集客化システム
  • ブログ
  • SNS広告(Facebook、Instagram)
  • ディスプレイ広告
  • リスティング広告
  • アフィリエイト広告

Shopifyではネットショップを立ち上げるとWordpressのようにドメインを新しく取得しなくても、商品やサービスの紹介ブログを開設できます。また、FacebookやInstagramなどのSNS広告とも簡単に連携できるので、SNS運用と並行することで新規ユーザー獲得のチャンスを展開できます。

ショッピー

ECサイトを運営する上で最も大切と言える集客化・販売力においてShopifyは優れておるのじゃ!

Shopifyのメリット3:ノーコードでも簡単にカスタマイズできる

shopify 無料テーマ

ShopifyではHTMLやCSSなどの開発スキルを知らなくても既存のテーマを使用することでノーコードでも簡単にテーマをカスタマイズでき、プロがデザインしたような美しいオンラインショップが作れます。また9つの無料と$180~$240米ドルで利用できる有料テーマが用意されています。

ショッピー

テーマはいつでも切り替えられるから、まずは無料テーマで始めてみるのがおすすめじゃよ!

Shopifyのメリット4:越境ECに強い

 Shopifyは50カ国の言語と130カ国以上の通貨に対応しており、越境ECサイトを構築するならShopify一択と言っても過言ではありません。また、Shopifyは世界最大規模のオンライン決済サービス「PayPal」など100種類以上の決済方法に対応しており、自分のECサイトに訪れた消費者が望むであろう決済方法を導入できます。

Shopifyのデメリット1:日本語サポートが未熟な点がある

カナダ初のShopifyは2017年に日本に参入し日本語化されてきましたが、未だテーマ設定などは英語表記のままで日本語に対応していない箇所があります。

Shopifyのデメリット2:月額料金がかかる

Shopifyは集客力・販売力・機能・デザインにおいて他のECサイト構築プラットフォームと比べたらわかりますがとても優秀です。しかし、BASEなど月額料金無料で始められるECサイトに対し、Shopifyは月額29米ドルかかってしまいます。

ショッピー

ただ、先ほども述べたように月額10万円稼げると見込まれるなら取引手数料の低いShopifyの方が結果的にお得じゃよ!

Shopifyのデメリット3:HTML/CSSの知識があると便利

ShopifyはHTML/CSSなどWebサイト構築に必要な知識がなくても、ECサイトを簡単にデザインできます。ただし、細かな自分だけのデザインを設定したい場合、コード編集の知識があると便利です。

HTML/CSSを知らなくても簡単に色や配置を変えられるから、他にはない自分だけのECサイトを構築できるから問題ないぞい!

まとめ

Shopifyは集客・販売力が強力なECサイト構築プラットフォームで、取引手数料が低くECサイトで月10万円以上の収入が将来的に見込まれるる人におすすめです。また、様々な言語、通貨に対応しており越境ECを視野に入れている人はShopify一択と思われます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる