Udemyなら最安1200円でプログラミングがずっと学べる!

【初心者向け】HTMLタグとは?

HTMLタグとは?

所有時間1分

今回は「HTMLタグ」とは何かについて紹介します。

目次

HTMLタグとは?

HTMLタグを一言でまとめるとウェブページにおける「見出し」や「改行」などの文書構造をコンピューターに認識させる目印です。

HTMLは「マークアップ言語」と呼ばれる言語で、タグを使用してコンピューターに文書構造を伝えることができるよ!

HTMLタグ

HTMLタグ

基本的にHTMLタグは「開始タグ:<要素名>」と「終了タグ:</要素名>」で文章を挟むことでコンピューターに文書構造を認識させます。上図では、strongタグで「Hello World」の文章を挟んでウェブページ上で強調するようにコンピューターに伝えています。

このように、タグを使って文書構造(役割)を作ることを「HTML要素を定義する」と言うよ!

「終了タグ」がいらないタグ(self-closing tag)もある

HTMLタグは開始タグと終了タグで挟むのが基本ですが、<br>などタグの中には「終了タグ」を必要としないタグ(self-closing tag)があります。

以上です。

目次
閉じる