Flutterとは?特徴と将来性|Googleの次世代フレームワーク

Flutterとは

Flutterとは、2018年にGoogleがリリースしたアプリケーションフレームワークで、IT大国を中心に急激な成長を続けています。次の、IT大国におけるFlutterのトレンドのデータから、一目でアプリ開発者達の間でFlutterの人気が急上昇しているのが分かると思います。

アメリカ

アメリカ
引用元:Google Trends(2016/05/08~2021/5/3)

中国

中国
引用元:Google Trends(2016/05/08~2021/5/3)

インド

インド
引用元:Google Trends(2016/05/08~2021/5/3)

それでは、Flutterが人気の秘密について紹介していきます!

スポンサーリンク

クロスプラットフォーム

CrossPlatform
引用先:Flutter

従来のフレームワークでは専用プラットフォームと言ってiOS, Android, Webアプリなどそれぞれの環境に対してコードを必要としていました。ただ動作環境が多様化してきた近年では複数の動作環境で作動するクロスプラットフォームが注目されています。

Flutterはリリース当時から1つのコードで同時にiOS, Androidアプリ開発ができましたが、2021年3月にリリースされたFlutter2で機能が大幅アップグレードされ、更に4つのプラットフォームに対応しました。

Flutter2で対応可能になったプラットフォーム
  • IOS
  • Android
  • Windows
  • macOS
  • Linux
  • Webブラウザ(Chrome, Firefox, Safari, Edgeなど)

>>【Flutter】待望のFlutter2がリリース!変更点と特徴を解説

アプリ開発の高速化

HotReload
引用先:Flutter

Flutterのホットリロード機能(Hot Reload)を使えば、プログラムの変更を数ミリ秒から数秒の間にUIに反映できます。このUIを更新する速さは他のフレームワークと比べても異次元レベルの速さです。

>> 【Flutter】開発速度爆上げ!ホットリロード機能の使い方と仕組み

表現力豊かな美しいUI

Material design

Flutterでアプリ開発をする際、Googleが提供しているマテリアルデザインの「material library」をFlutterで使用できます。material libraryをFlutterに導入したことで、開発コストの削減、高品質なアプリ開発が可能になっています。

>> 【Flutter】マテリアルデザインとMaterialAppの関連性とは

WidgetによるシンプルなUI構造

Dart

Flutterは、JavaScriptの後継言語となるDart言語が使われており、GitHubでは既にSwift/Kotlinを超えるほど急激に成長しています。またFlutterのUIはWidgetと呼ばれるパーツで構築されており、アプリ開発を始めたばかりの人にとっても扱いやすいのが特徴です。

>> 【Flutter】Widget・Widgetツリーの基本的な仕組み | FlutterアプリのUI構造

Firebaseとの相性が抜群

Firebase

FirebaseとはGoogleが提供しているアプリ開発のバックエンドサービスです。FirebaseはSwift、Java、JavaScript、 C++ 、Unityなど有名なプログラミング言語のバックエンドでも使われますが、FirebaseはGoogleが提供しているサービスなだけあってFlutterとの相性が抜群でスムーズに導入できます。

Android Studio/VS Codeで開発可能

Android-Studio-&-VSCode

Flutterは世界的に人気の高いAndroid Studio/VS Codeでの開発が可能です。既にAndroid Studio/VS Codeを触れたことがある人は手っ取り早く操作に慣れることができます。

Googleによるサポート

Google-logo

Flutterを始めるメリットの1つとして忘れてはならないのがFlutterはGoogleが提供しているフレームワークだと言うことです。成長を続けるGoogleがFlutterをサポートしているのでFlutterの将来性は高いと思われます。

Flutterの将来性

Flutterはリリースされてから間もないにも関わらず、2021年3月Flutter2がリリースされるなど日々進化を遂げています。Flutterで日本語ドキュメントがリリースされた際には、日本でもFlutterのブームが到来するのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました