Flutterとは?特徴・将来性に注目 |Googleが開発したクロスプラットフォームフレームワーク

Flutter

「Flutterって何が凄いの?」

「クロスプラットフォーム開発って何?」

「Flutterには将来性があるの?」

このような疑問にお答えします。

ポイント

Flutterとは、2018年にGoogleがリリースしたクロスプラットフォーム開発ができる現在急成長中のアプリケーションフレームワークです。また、FlutterにはDart言語が使われており「最速の開発環境」と「高性能で美しいデザイン性」などアプリ開発者たちの間で注目を集めている期待値の高いフレームワークです。

結論から言うと、Flutterは今現在期待値の1番高いアプリケーションフレームワークだと言えるほど急激に進化し続けており、Fluterエンジニアの急増はもちろんのこと、開発元のGoogleを初め、Canonical、Microsoft、Toyotaなどの大手企業もFlutterを導入した次世代プロダクトの開発・検討を進めています。

ティファ

本記事では、クロスプラットフォーム開発ついて軽く触れた後で、Flutterの将来性・魅力を簡単に紹介していくよ!

目次

そもそもクロスプラットフォーム(マルチプラットフォーム)開発とは?

クロスプラットフォーム

クロスプラットフォーム(マルチプラットフォーム)とは、異なるOSやデバイスなどのプラットフォームで同様のアプリケーションを作動させるプログラムのことです。多様なOSやデバイスが存在する現在において、クロスプラットフォーム開発がさらに普及されることが予想されます。

クロスプラットフォームアプリ開発のメリット

クロスプラットフォーム開発が可能なフレームワークでは、単一のソースコードで複数のプラットフォームに対応したアプリが作成できるので開発コストを大幅に削減できます。

クロスプラットフォーム開発のメリット
  • 異なるプラットフォームでアプリを作動できる
  • 開発コストを大幅に削減できる

サービスアプリ開発の代表的なフレームワークであるSwift、Kotlinはそれぞれ「iOSアプリ」「Androidアプリ」と言った1つのプラットフォーム開発を目的として作られているので、クロスプラットフォームフレームワークの性能が向上してきた今ではSwift、Kotlinでのアプリ開発が時代遅れになりつつあると言えるでしょう。

クロスプラットフォーム開発できる主なフレームワーク比較

FlutterReact NativeXamarin
開発会社GoogleFacebookMicrosoft
開発言語DartJavaScript / TypeScriptC# / F#
開発可能プラットフォームiOS / Android / Web / Windows / macOS / LinuxiOS / Android / WebiOS / Android /Windows / macOS
IDEAndroid Studio / IntelliJ IDEA /
Visual Studio Code
Visual Studio Code / NuclideVisual Studio Code
ホットリロード

世界的に親しまれているサービスアプリ開発向けのクロスプラットフォームフレームワークは「Flutter」と「React Native」の2つです。Xamarinもクロスプラットフォーム開発が可能ですが、開発言語の習得難易度が比較的高く、Flutter、React Nativeと比べるといまいちの人気です。

「Flutter」と「React Native」の人気動向比較では「Flutter」が圧勝

Google TrendsでFlutterとReact Nativeのトレンドを「日本」とIT大国トップ3の「アメリカ」「インド」「中国」で比較してみたところFlutterの人気圧勝でした。(青色グラフ:Flutter、赤色グラフ:React Native、5年間の人気動向)

日本

Flutter-vs-ReactNative 日本
引用元:Google Trends 2021/6/20取得

アメリカ

Flutter-vs-ReactNative アメリカ
引用元:Google Trends 2021/6/20取得

インド

Flutter-vs-ReactNative-インド
引用元:Google Trends 2021/6/20取得

中国

Flutter-vs-ReactNative 中国
引用元:Google Trends 2021/6/20取得
ティファ

Google Trendsの動向から見てもサービスアプリをクロスプラットフォーム開発するなら「Flutter」を選んだ方が良さそうだね!

主要ネイティブアプリ開発フレームワークとの人気動向比較

Webアプリ、Androidアプリ、iOSアプリそれぞれの代表的ネイティブアプリ開発フレームワーク「Ruby on Rails」「Kotlin」「Swift」の3つとFlutterの人気動向を、先ほどと同じIT大国、日本、アメリカ、インド、中国に置いてGoogle Trendsで調べたので紹介します。

人気度動向日本
引用元:Google Trends 2021/7/6取得

各国の比較データから、Flutterの人気動向が右肩上がりなのに対し、他のフレームワークの人気は横ばい/右肩下がりなのが分かります。また、Flutterの人気は既に各国のIT大国でRuby on Rails、Kotlinを上回っており、Swiftとも同等の人気があるのが分かります。

Google Trendsによるデータ比較結果
  • Flutterの人気動向は「右肩上がり」
  • Ruby on Rails、Kotlin、Swiftの人気動向は「横ばいまたは右肩下がり」

Flutterの人気が急上昇してきているのは分かったけど、実際Flutterの将来性・期待値はどうなのかな?

ティファ

Flutterは既存のアプリケーションフレームワークの中でも1番将来性・期待値が高いと思われるデータや動向があるから紹介していくね!

Flutterの将来性と期待値

Flutterの将来性が高いと思われる理由
  • Flutterで使用されているDartの人気が急上昇している
  • 世界大手企業がFlutterを導入した次世代プロダクト開発を進めている
  • Flutter Webのさらなる向上とFlutter desktopの実用化による期待

将来性に期待その1:Flutterで使用されているDartが人気急上昇している

GitHubによる四半期ごとのプログラミング言語ランキングによると、Flutterで使用されているプログラミング言語「Dart」の急成長率が伺えます。

Dartがこんなに人気だなんて気づきもしなかったよ…

ティファ

気づかないのも無理はないよ。なぜならDartは2019年時点で学ぶ価値のないプログラミング言語1位に選ばれるほど人気がなかったんだ。ただFlutterに使用されたのがきっかけで急激に人気急上昇、性能が向上しているんだよ!

WorstProgramming language dart
引用元:codementor

将来性に期待その2:Flutterを実装した次世代プロダクト開発・検討が進んでいる

Flutter コラボ

Beyond traditional mobile devices and the web, Flutter is increasingly stretching out to other device types, and we highlighted three partnerships in today’s keynote that demonstrate Flutter’s portability.

引用元:Google Developer

2021年3月3日にFlutter2がリリースされ、世界大手企業のCanonical、Microsoft、ToyotaがFlutterを実装した次世代プロダクトの開発・検討を進めていることを公表していることから、Flutterの将来性・期待値は高いと思われます。

Flutter導入プロダクト開発
  • Canonical:デスクトップやモバイルアプリのデフォルトフレームワークにFlutterを組み込みシステムとして採用
  • Microsoft:折りたたみ式デュアルスクリーンデバイスにFlutterを組み込みシステムとして採用
  • Toyota:社内エンターテインメントにFlutterの組み込みシステムとして採用
ティファ

Flutterはアプリケーションフレームワークの枠を超えた次世代のフレームワークになりつつあるんだよ!

将来性に期待その3:Webアプリと5つのOSでのアプリ開発可能

Flutter2がリリースされたことで、正式にstable版としてWeb、Desktopアプリ開発が可能となり、1つのソースコードからiOS、Android、Web、Desktop(macOS、Windows、Linux)アプリ開発が可能になりました。

Desktopアプリ開発はstable版となリましたが、品質はbeta版並なので次のアップグレードに期待

Flutterの特徴・魅力

魅力
  • アプリ開発の高速化
  • 表現力豊かな美しいUI
  • WidgetによるシンプルなUI構造
  • Firebaseとの相性が抜群
  • Android Studio/VS Code/IntelliJ IDEAで開発可能

アプリ開発の高速化

アプリ開発の高速化

Flutterのホットリロード機能(Hot Reload)を使えば、プログラムの変更を瞬時にUIに反映できます。このUIを更新する速さは他のフレームワークと比べても異次元レベルの速さです。

ティファ

クロスプラットフォーム開発に加え、ホットリロード機能が付いていることから世界最速レベルのアプリ開発が可能だよ!

表現力豊かな美しいUI

Flutterでは、Googleが使用されているデザイン「Material Design(マテリアルデザイン)」とAppleに使用されている「Cupertino(クパチーノ)」のFlutterで使用でき、手軽にデザイン性に優れた高性能のWidgetでアプリ開発が可能です。

WidgetによるシンプルなUI構造

WidgetによるUI構造

FlutterのUIは「Widget」と呼ばれるパーツがツリー上に組み合わさったシンプルな構造になっておりスムーズなアプリ開発が可能です。

Dart言語の学習コストが低い

Dart

Flutterに使用されているプログラミング言語「Dart」は、JapaScriptの欠点補う目的でGoogleによって開発された言語で、学習コストの低いJavaScriptと文法構造がほぼ同じことから比較的簡単に習得できます。

Firebaseとの相性が抜群

Firebase

FirebaseとはGoogleが提供しているアプリ開発のバックエンドサービスです。FirebaseはSwift、Java、JavaScript、 C++ 、Unityなど有名なプログラミング言語のバックエンドでも使われますが、FirebaseはGoogleが提供しているサービスなだけあってFlutterとの相性が抜群でスムーズに導入できます。

Android Studio/VS Code/IntelliJ IDEAで開発可能

Flutterは、Android Studio/VS Code/IntelliJ IDEAでの開発が可能です。よって、自分に合ったIDEを使用してアプリ開発ができます。

まとめ:Flutterの将来性・期待値は高い!

Flutterの将来性が高いと思われる
  • iOS、Android、Web、Desktop全てのデバイスでのアプリ開発が可能
  • Flutterで使用されているDartの人気が急上昇している
  • 世界大手企業がFlutterを導入した次世代プロダクト開発・検討を進めている
  • Flutter Webのさらなる向上とFlutter desktopの実用化による期待
  • 世界最速の開発速度
  • Google、Appleのデザイン・機能が使える

Flutterはリリースされてから間もないにも関わらず急成長を続け、世界的に見ればReact Native、Ruby on Rails、Kotlinなどのフレームワークよりも人気があり、世界大手企業がFlutterを実装した次世代プロダクトを開発している観点から見てもFlutterの将来性は期待できます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる