Udemyなら最安1200円でプログラミングがずっと学べる!

【Shopify】SMS送信による二段階認証でセキュリティー強化

【Shopify】SMS送信の二段階認証でアカウント保護する方法

二段階認証でセキュリティーを強化させたい!

Shopifyでオンラインストアを運営していると、売り上げデータやお客様情報など重要なデータを扱いますよね。そんな重要データが赤の他人に乗っ取られたら大変です。

Shopifyでは、そんな怖いアカウント乗っ取りも二段階認証システムを有効化することで予防できます。

本記事では二段階認証の中でも強力かつ簡単な「SMS送信」によるアカウント保護の方法を紹介します。

ちなみに「SMS」とはショートメッセージサービスの略だよ!

最後まで読むと得すること
  • SMS送信による二段階認証システムを導入できる
  • Shopifyアカウントへのログイン画面のセキュリティーを強化できる
目次

二段階認証は強力だけどログインが手間!

ログインするのに少し手間がかかってしまう

二段階認証システムをログイン画面に導入すると、当然ですがログインするのにさらに一手間かかるので時間がかります。

よって、Shopifyアカウントへのログインセキュリティーが若干低くても、手軽にログインできる方が良い人には二段階認証を導入する必要ありません。

ただ、万が一を考慮するなら二段階認証を有効化しておいた方が良さそうだね!

Shopifyの二段階認証は3種類

二段階認証2
  • 認証アプリ
  • セキュリティキーまたは生体認証
  • SMS送信

Shopifyの二段階認証システムは「認証アプリ」「セキュリティキーまたは生体認証」「SMS送信」の3種類から一つ選べます。Shopifyは「認証アプリ」を推奨していますが、個人的に馴染みのある「SMS送信」での二段階認証をおすすめします。

それでは「SMS送信」の二段階認証方法を紹介していくよ!

SMS送信によるログイン画面二段階認証の導入方法

二段階認証1

「アカウント管理画面」>「安心のセキュリティ」>「2段階認証」>「2段階認証を有効にする」をクリック。

二段階認証2

「SMS送信」を選択し、「次へ」をクリック。

二段階認証3

在住している国コード(日本の場合:Japan +81)を選択し、SMSで二段階認証をする携帯の電話番号を入力し「認証コードを送信する」をクリック。

少しすると入力した電話番号宛にShopifyからSMSが届くよ!

二段階認証4

届いた認証コードを入力し、Shopifyのパスワードを入力し「有効にする」をクリック。

二段階認証5

すると、上画像ではモザイクがかかっていますが、10個のリカバリーコードが表示されるので、全てのコードを印刷したり、コピーしたりして大切に保管しておきましょう。

2段階認証ができなくなった上にリカバリコードを無くしてしまった場合、既存のShopifyアカウントを使用できなくなる恐れがあります。

二段階認証成功

これで、Shopifyアカウントログインの二段階認証が有効化されました。

リカバリーコードとは?

リカバリーコードとは、何らかのトラブルで2段階認証ができなくなった時、代わりのパスワードとして使用するコードです。

また、一度使ったリカバリーコードは再度使用できないので、使えるコードが少なくなってきたら新しいリカバリーコードを生成するようにしましょう。

一度Shopifyアカウントからログインして、2段階認証システムが機能するか試してみよう!

二段階認証をログイン画面で使用してみる

二段階認証ログイン

通常通りShopifyにログインすると上画像のように「携帯電話を確認する」と表記された2段階認証のログイン画面が表示されるようになっているはずです。二段階認証に登録した電話番号宛にSMSが届いたら認証コードを入力することでログインできます。

二段階認証が機能しなかった場合

SMSが届かなかった場合は「コードを再送信する」をクリックして再度ShopifyからSMSを送ってもらいましょう。

それでも上手くいかなかった場合は、「リカバリーコードを使用する」をクリックし、保存してあるリカバリーコード使用することでShopifyアカウントにログインできます。

まとめ

Shopifyで運営しているストアのセキュリティーを高めるには二段階認証がおすすめです。ログイン時に手間がかかってしまいますが、アカウント攻撃や乗っ取りを防ぐために二段階認証を有効化しておくと安心だと思われます。

\ Shopifyストア構築を格安で学ぶならデイトラ! /

目次
閉じる