Udemyなら最安1200円でプログラミングがずっと学べる!

【SKUとは?】Shopifyストアの商品にSKUを設定する

Shopify-SKUとは

「SKU」ってなに?

Shopifyのオンラインストアで商品を追加する際、「在庫」の項目に「SKU」ってのがありますよね。

結論から言うと、SKUとは在庫管理を行う際の「最小の管理単位」のことです。

商品にSKUを付けることで在庫管理がしやすくなります。ただし、SKUはストアを運営する上で必須ではないので本記事を最後まで読んで、あなたのShopifyストアに必要だなと思ったら設定すれば良いのでご安心ください。

イメージ図を使いながら分かりやすく「SKU」を説明していくよ!

目次

SKU(ストック・キーピング・ユニット)とは?

SKUとは在庫管理を行う際の「最小の管理単位」

SKUは、Stock Keeping Unit(ストック・キーピング・ユニット)の略で、単に「エス・ケイ・ユー」と呼びます。

本記事の冒頭でも「SKU」は在庫管理する際の最小の管理単位と言いましたが、すんなり頭に入ってこないと思うので分かりやすく図を使いながら説明していきます。

SKUとは要するに「種類」

Shopify-SKUイメージ

上図を見ると、Sサイズの「赤色Tシャツ」が3点、S・M・Lサイズの「青色Tシャツ」が1点ずつあるので、各色のTシャツをSKUでカウントしてみます。

赤色Tシャツの場合、3点いずれも同じ種類の在庫なので「1SKU」とカウントします。

青色Tシャツの場合、色は同じだけどサイズが異なり種類が異なるので「3SKU」カウントします。

よって、もしあなたのストアで赤・青・緑3色、S・M・Lの3サイズのTシャツを販売する場合「9SKU(3×3)」となります。別々の種類のTシャツを合わせた在庫数が100点以上あったとしてもSKUの値は「9SKU」から変わりません。

SKUを使用するメリットは?

  • 売れ筋の商品が明確にわかる
  • 商品名を変えてもSKUで在庫管理ができる

SKUで在庫を管理することで売れた商品のサイズやカラーなどを明確に把握できるで、売れ筋の商品を多めに確保しておくなど在庫管理に役立ちます。

また、商品名とは別にSKUを使用しておくことで、商品名を変えたくなった際も問題なく在庫管理を続けられます。

オンラインストアで扱う商品の種類がSKUが無くても支障はないから大丈夫だよ!

ShopifyでSKU設定する方法

SKUとは

ShopifyでSKUを使って在庫を管理するには、SKUで管理したい商品の「在庫」から設定できます。

Shopify-SKUとは2

設定したSKUが商品に反映されているか確認するには「商品管理」>「在庫」>「SKU」で確認できます。

まとめ

SKUは在庫管理を行う際の最小の管理単位のことで、売れ筋の商品のサイズ、カラーなどを正確に把握したい人はSKUで在庫管理をするのがおすすめです。

またストアで扱う商品の種類が少なく在庫管理が簡単な方はSKUを使用しなくても全く問題ありません。SKUで在庫管理が便利そうって思った方だけ使用すれば大丈夫です。

\ Shopifyストア構築を格安で学ぶならデイトラ! /

目次
閉じる