Udemyセール開催中! 対象コースが1,220円から

【侍テラコヤ】入学金・キャンセル料は無料? お金に関する疑問を徹底解説

今回は日本最大級のサブスク型オンラインITスクール「侍テラコヤ(旧:侍エンジニアプラス)」でかかる入学金やキャンセル料などお金に関すること疑問を徹底解説していきます。

目次

侍テラコヤ(SAMURAI TERAKOYA)とは?

侍テラコヤ公式より 2022/3/16取得

「侍テラコヤ(旧:侍エンジニアプラス)」とは侍エンジニア塾と同じ会社が運営しているサブスク型オンラインITスクールです。

入学金・キャンセル料無料でライトプランの場合だと月額税込3278円で全サービス利用可能とコスパが良く、プログラミングを独学で学んでいる方に魅力的なサービスが多数あります!

自社教材が全て学び放題!

侍テラコヤが提供している全ての教材(言語・フレームワークなど)を自由に利用できるので、Ruby、Pythonなど侍テラコヤの自社教材を追加料金なしで学習できます。

侍テラコヤで対応している教材は、侍テラコヤ公式ページの「よくある質問>対応している言語やフレームワーク等を教えてください。」から確認できます。

質問掲示板で質問し放題!平均回答スピード30分

質問掲示板で技術的な悩みはもちろん、キャリアや転職に関する悩みを何度でも質問できます。また平均解答時間は30分とめちゃくちゃ早く、独学でプログラミングを学ぶのに苦戦している方にとって1番の魅力となると思います!

後で詳しく紹介します。

「学習ログ」などで侍テラコヤの仲間と繋がれる

独学でプログラミングを学習していると孤独になりがちです。

そんな方は侍テラコヤに入学すれば同じように独学で勉強している仲間とコミュニケーションをとれるのでモチベーションを維持できます!

月に1度現役エンジニアのレッスンを受講できる(ライトプラン)

侍テラコヤでは月に一度、言語化できない悩み(質問掲示板でうまく説明できない)を現役エンジニアとの60分間のマンツーマンレッスンで解消できます。

プランによって月のレッスン回数は異なりますが、今回オススメするライトプランの場合は月に一度だけとなっています。(専属マンツーマンレッスンではないので注意)

「侍テラコアのマンツーマン講師」と「侍エンジニア塾の専属マンツーマン講師」の違いについて知りたい方は侍エンジニア塾の無料体験レッスンに参加することをオススメします。

侍テラコヤの魅力をもっと知りたい方は下記事をお読みください。

入学金・キャンセル料は無料だから安心

侍テラコヤでは入学金・キャンセル料が一切発生せず、必要なのは月のサブスク料金だけなので安心です。ライトプランの場合は月々にかかる費用は税込3278円だけです!

侍テラコヤで「お金」が発生する項目一覧

  • 月額プラン利用料:税込3278円から
  • レッスンチケットの追加購入:1枚につき5478円
  • 侍テラコヤでサポートされていない教材を個人で購入する場合

侍テラコヤでお金発生するのは上記の3つです。

しかしながら「レッスンチケットの追加購入」と「個人で教材を購入する」予定がない方に必要なお金は「月額プラン利用料」だけです。

料金プランは3つ! オススメは税込3278円のライトプラン

プラン料金月のレッスン
ライトプラン(筆者オススメ)2980円(税込3278円)1回
ベーシックプラン(侍テラコヤオススメ)5480円(税込6028円)2回
プレミアムプラン9980円(税込10978円)4回
侍テラコヤ料金プランより

侍テラコヤでは月のマンツーマンレッスンの回数(レッスンチケット)に応じて、ライトプラン、ベーシックプラン、プレミアムプランの順で料金プランが高くなります。

しかしながら、レッスン回数以外はどのプランでも利用できるサービスは同じなので、個人的には最安プランの「ライトプラン」がオススメです!

高すぎ! レッスンチケットの追加購入は5478円

侍テラコヤではレッスンチケットを消費して60分のマンツーマンレッスンを受講できます。(レッスンチケットの有効期限は配布日から30日間)

月のレッスンチケットを既に使用してしまった場合はレッスンチケットを追加購入できるのですが、税込5478円もかかってしまいます。

本来ならマンツーマンレッスンを多めに受講したい方は「月のチケットが4枚もらえるプレミアムプランがオススメ!」と言いたいところですが、それだと料金が安いという「侍テラコヤ」の魅力が半減してしまうためオススメできません。

よって、マンツーマンレッスンを多く受講したい方は侍エンジニア塾や別のスクールでプログラミングを学ぶのを検討した方が良いと思います。

個人で教材を購入する場合

侍テラコヤではQ&A掲示板で自社教材以外の質問にも対応しており、侍テラコヤで提供されていない言語・フレームワークを学びたい方は、個人で教材を購入する必要があります。

個人的には、侍テラコヤの教材と併用してUdemy(ユーデミー)で分からないことを質問掲示板で聞けばより効率的にプログラミング学習ができると思います。

質問掲示板で質問対応している言語・フレームワークを「よくある質問> 教材以外のことも質問掲示板やレッスンで質問・相談できますか?」から確認できます。

言語自社教材レッスンQ&A
HTML/CSS
jQuery
Ruby
PHP
PHP - Laravel××
JavaScript
Java×
Java - Spring××
Python
Python - Django×
Python - 機械学習(AI)××
C××
C++××
C#××
Unity××
Android(Kotlin)××
iOS(Swift)××
Flutter××
ReactNative××
WordPress
VBA××
AWS Cloud9
Heroku
Git
Github
SQL
AWS その他××
Photoshop×
Illustrator××
2022/3/17時点

上記リストの言語・フレームワークは全て掲示板で質問対応しています。

2022年3月17日に取得したもので内容が変更されている可能性があるので「よくある質問」から自分でも確認してみてください。

毎月先着500名限定(現在登録可能人数)

侍テラコヤに入学すれば質問し放題で学習効率上がること間違いなしですが、「侍テラコヤ」では質問掲示板とレッスンの質を担保するために新規登録に制限がかかっており、

毎月先着500名しか入学できません!

よって毎月掲示板で好きなだけ質問できる環境が欲しい方はなるべく月の初めに「侍テラコヤ」への登録をするのをオススメします!

侍テラコヤのアカウント作成・支払い方法

侍テラコヤ公式ページの「プラン紹介」から気になるプランを選択します。

メールアドレス・Googleアカウント・Facebookアカウントのいずれかを使用してアカウント登録できます。

アカウントを作成しただけでは料金は発生しないので安心してください。

アカウントを作成した後、有料コンテンツを見るためには「ご請求情報の入力」から支払いができます。

専属マンツーマンレッスンとの違いに興味がある方向け

侍テラコヤでは月に一度マンツーマンレッスン(ライトプランの場合)を受けられるのですが専属講師ではありません。

よって、「侍テラコヤのマンツーマンレッスン」と「侍エンジニア塾の専属マンツーマンレッスン」の違いについて興味がある方は侍エンジニア塾無料カウセリングに参加するのがオススメです!

侍エンジニア塾の無料カウンセリングの概要

  • 希望に応じて1時間〜2時間程度
  • オンラインビデオ通話
  • プロのコンサルタントに悩みやキャリアなど直接相談できる
  • アンケート回答でAmazonギフト券がもらえる
  • 非売品のSAMURAI式独学メソッド手に入る

侍エンジニア塾の無料カウンセリングはオンライン上で行うのでわざわざスクールに訪問する必要はありません。カウンセリングは希望に応じて1時間〜2時間程度ととなっています。

カウンセリングに参加してアンケート回答すれば1000円分のAmazonギフト券が手に入るのも魅力的です!

無料カウンセリング申し込み方法

侍エンジニア塾の「無料カウンセリング申し込みページ」を開いたら、面接したい日時を指定します。

名前・電話番号・メールアドレス・プライバシーポリシーに同意したら「この内容で予約する」をクリックすれば予約完了です。

まとめ

侍テラコヤでは入学金・キャンセル料は一切かかりません。また、レッスンチケットの追加購入をしない限り必要なるお金は月額プラン料だけなので安心です。

以上です。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる