Udemyセール開催中! 対象コースが1,220円から

【後悔しない質問】プログラミングスクールの無料カウンセリングで聞くべきこと

今回はプログラミングスクールに入学しようか悩んでいる方向けに、無料カウンセリングにおける「注意点・心構え」をまとめたので紹介します。

記事の最後にプログラミングスクールで後悔しないための「質問リスト」を載せています!

目次

無料カウンセリングの注意点・心構え

プログラミングスクールに入学しようか検討している方の中には「とりあえず無料カウンセリングで話しだけ聞いてみよう。」と思っている方も少なくないはず!

しかしそれでは無料カウンセリングに参加する意味がないので、無料カウンセリングにおける「注意点」と「心構え」についてスクール側の意図を考えながら解説します。

カウンセラーはスクールの魅力を伝えるプロ

無料カウンセリングであなたが相談するカウンセラーはスクールの魅力を伝えるプロなので、他のスクールを知らずに無料カウンセリングに参加すれば、間違いなく「このスクール良いかも!」と思うことになるでしょう。

カウンセラーはあなたに「このスクール良いかも!」と思わせることが仕事なので、その場で流されず他のプログラミングスクールと比較して検討する必要があります。

無料カウンセリングの特典が魅力的な理由

無料カウンセリングに参加するだけで豪華な特典がもらえるプログラミングスクールは少なくありません。侍エンジニア塾の場合、無料カウンセリングに参加すれば「Amazonギフト券1000円」と「SAMURAI式独学メソッド」が手に入ります。

このように豪華特典が無料で手に入るので「損しないし、とりあえず様子見で参加してみよう!」って気持ちになる方は少なくないと思います。ただスクールとしてはこのような参加者が話しを「誘導しやすい」と思っているはずなので注意が必要です。

なぜなら「特典目当て」または「話だけ聞きたい」って思っている参加者はスクールのリサーチが甘く、入学する気がないのに特典だけもらうのに罪悪感を覚えるため「話だけでもしっかり聞こう」と努力します。

結果としてスクールの魅力が1番伝わりやすく「特典目当てだったけど、話し聞いて良さそうだったから入学決めた!」ってコロッとスクールの誘惑に落ちてまう人が少なくないはずです。ただ、プログラミングスクールの費用は高額で時間も取られるので、しっかりとプランを立ててして入学するか検討しましょう。

「聞き手側」ではなく「質問側」に回るのが鉄則

無料カウンセリングにおいて最も大切なのは「スクールの魅力」を知ることよりも「返金・スクールの延長料金・転職できなかった場合」などスクール入学後に起こり得る想定外の事態に関する質問をすべきです。

カウンセラーからスクールの魅力を伝えてもらえると思いますが、魅力に関しては「そうだよね」と軽く受け止め、自分が入学後に後悔しないような質問をガンガンしていきましょう!

全額返金保証があるプログラミングスクールの質問例としては「転職できない場合、全額返金保証あるってサイトで見たんですけど条件は何ですか?」のような質問が良いと思います。

無料カウンセリングがあるプログラミングスクール!

自分に合ったスクールを探すには比較材料となる他のスクールを知る必要があります。

以下のプログラミングスクールから少なくとも3つを選んで無料カウンセリングで話を聞くようにしましょう。私のオススメは「侍エンジニア塾」「テックアカデミー」「DMM WEBキャンプ」です。

無料カウンセリングの質問リスト

それでは無料カウンセリングでおすすめの質問を優先度の低い順に紹介します。

優先度 ☆:コースに必要な学習時間

指定したスクールのコースに必要な学時間を学業・仕事と両立できるか必ずチェックしておきましょう。プログラミング初心者の方はスケジュール通り作業が進まないかもしれないことを考慮する必要があります。

優先度 ☆:カリキュラム・学習サポート

参加したいコースが自分の学習スタイルと合っているか確認します。質問の例としては「オンラインまたは通学型なのか」、「グループ課題があるか」、「いつ勉強で分からないことを質問できるか」などがあげられます。

優先度 ☆☆:総額料金

分割払いでプログラミングスクールに通う方は特に総額料金には気をつけるようにしましょう。また、スクールによっては個人で追加の参考書を購入させられる場合があるので要注意です。

優先度 ☆☆:延長料金

スケジュール通りに作業が進まなかった場合、大抵のスクールでは延長をすることが可能です。ただし延長料金の説明が公式サイトでされていない場合があるので必ずチェックしておきましょう。

優先度 ☆☆☆:返金保証

「スクールに参加してみたものの自分に合わなかった!」そんな時のために返金保証があるのか、また返金保証がある場合条件は何かをチェックしておきましょう。「お試し期間」があるスクールの場合はいつまでにキャンセルしないといけないか確認が必要です。

優先度 ☆☆☆:転職保証

転職コースがあるプログラミングスクールでは、転職サポートの期限の間に転職できなかった場合「全額返金保証」してくれるスクールが多いです。ただし、必ず条件があるので要注意です。

スクールによって異なりますが転職保証の条件には「カリキュラムを修了している」「企業面接を指定した回数受けている」「内定を辞退しない」などがあげられます。

よって「転職できなくても全額戻ってくるから大丈夫!」って軽い気持ちだと危険なのでしっかり相談して条件を確認しておきましょう。

優先度 ☆☆☆:卒業生の転職先・仕事内容

スクールを卒業して転職できたとして、転職先が自分に合わないと嫌ですよね。よって卒業生がどんな企業で、できればどんな仕事につけているのかを確認しておくのがおすすめです。

転職先の企業で開発に関わるエンジニアになりたいと思っていても、実際はデータ入力ばかりやらされてしまう仕事についてしまう可能性があります。

まとめ

プログラミングスクールへの入学を検討している方は必ず複数のスクールで無料カウンセリングを受けてスクールを比較するのが大切です。

また、プログラミングを学ぶのは人によっては本当にハードで挫折してしまう人も少なくないので、しっかりと自分がやっていけそうなスクールを選ぶようにしましょう。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる