Udemyなら最安1200円でプログラミングがずっと学べる!

【PHP入門】while文でループ処理

PHP while文

所有時間1分

今回はwhile文を使ったループ処理について紹介します。

目次

while文でループ処理

while文

while文を使えば条件式の結果が「true」の間、ずっと同じ処理(ループ処理)を続けさせることができます。また、条件式が「false」になるとループから脱出します。

while文の例

  $i = 1;

  while ($i < 10) {
    echo "ループ{$i}回目<br>";
    $i++;
  }

  echo "ループから脱出";

//出力
ループ1回目
ループ2回目
ループ3回目
ループ4回目
ループ5回目
ループ6回目
ループ7回目
ループ8回目
ループ9回目
ループから脱出

このwhile文では条件式「$i < 10」の真偽値がtrueの間ずっとループ処理を実行させることができ、「$i = 10」になるとループから脱出するプログラムになっています。

無限ループ(infinite Loop)に注意

  $i = 1;

  while ($i < 10) {
    echo "ループ{$i}回目<br>";
  }

  echo "ループから脱出";

//出力
ループ1回目
ループ1回目
ループ1回目
ループ1回目
ループ1回目...

while文やfor文でループ処理をする際、無限ループにならないよう注意が必要です。

無限ループとは条件式が「false」にならない場合に発生するエラーのことで、延々と同じ処理を実行しループから脱出できなくなります。よって、ループ処理中に条件式がfalseになるようプログラムを作る必要があります。

今回の場合は条件式で使用されている変数「$i」の値が1から変化しないために無限ループが発生しています。

以上です。

目次
閉じる