Udemyなら最安1200円でプログラミングがずっと学べる!

【PHP入門】var_dump関数で変数の「型」と「値」を確認

PHP var_dump関数

所有時間1分

今回はPHPにおける変数の「型」と「値」をチェックできるvar_dump関数について紹介します。

目次

var_dump関数で変数の「型」と「値」をチェック

  $word = "apple";
  echo var_dump($word); //string(5) "apple"

  $integer = 120;
  echo var_dump($integer); //int(120)

  $boolean = 5 > 1;
  echo var_dump($boolean); //bool(true)

var_dump関数の引数に変数を代入することで、引数に使用した変数の型と値を戻り値(返り値)として取得できます。今回はvar_dump関数の戻り値をechoを使って出力しています。

以上です。

目次
閉じる