【PHP入門】ランダム数値を生成 randとmt_randの違い

所有時間1分

今回はPHPの「rand関数」と「mt_rand 関数」を使ってランダムな数値(乱数)を生成する方法を紹介します。

目次

rand関数で乱数を生成

rand(); //乱数の幅指定なし
rand(最小値, 最大値); //乱数の幅指定あり

rand関数を使えばランダムな整数値を生成できます。乱数の最小値、最大値を決めたい場合はそれぞれ1つ目の引数と2つ目の引数として代入します。

echo rand(1, 100);

この場合、整数値1から100までの乱数が出力されます。

mt_rand関数で乱数を生成

mt_rand(); //乱数の幅指定なし
mt_rand(最小値, 最大値); //乱数の幅指定あり

mt_rand関数の使い方はrand関数と全く同じですが、mt_rand関数の方が乱数を生成する処理速度が速いです。よって乱数を生成する際は、mt_rand関数を使用するのがおすすめです。

echo mt_rand(1, 100);

この場合、整数値1から100までの乱数が出力されます。

以上です。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる