【PHP入門】論理演算子で条件式を複合「&& || ! xor」

所有時間1分

今回はPHPの論理演算子の使い方について紹介します。

目次

比較演算子と論理演算子の違い

比較演算子は2つの条件を比較する際に使用するのに対し、論理演算子は複数の条件を複合したりして複雑な条件を指定できます。

論理演算子の種類

スクロールできます
論理演算子名前記述例結果(戻り値)
&& または and論理積a && baかつbが真の場合「true」
|| または or論理和a || baまたはbが真の場合「true」
xor排他的論理和a xor baまたはbのいずれか1つが真の場合「true」
!否定!aaが偽の場合「true」

論理演算子は4つあり、論理積と論理和はそれぞれ2つの書き方があります。「&&」と「and」のどちらを使っても構いませんが論理積で「&&」を使ったら論理和でも「||」を使うように統一するようにしましょう。

論理積(&& または and)

条件結果(戻り値)
真 && 真真(true)
真 && 偽偽(false)
偽 && 真偽(false)
偽 && 偽偽(false)

論理積(&& または and)

条件結果(戻り値)
真 && 真真(true)
真 && 偽偽(false)
偽 && 真偽(false)
偽 && 偽偽(false)

排他的論理和(xor)

条件結果(戻り値)
真 xor 真偽(false)
xor 偽真(true)
xor 真真(true)
xor 偽偽(false)

否定(!)

条件結果(戻り値)
!真偽(false)
!偽真(true)

以上です。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる