【PHP入門】グローバル変数の値を関数内で使用・変更する方法

所有時間1分

今回はPHPの関数内でグローバル変数を使用したり、値を変更する方法について紹介します。

目次

「グローバル変数」と「ローカル変数」の違い

  $var = "グローバル変数"; //グローバル変数

  function which_var()
  {
    $var = "ローカル変数"; //ローカル変数
    echo $var . "<br>";
  }
  which_var();
  echo $var;

//出力
ローカル変数
グローバル変数

グローバル変数とはファイル内の関数・クラス内などどこからでもアクセスできる変数であるのに対し、ローカル変数は決められた範囲内でしか使用できません。

上のコードでは、関数内で「$var」に関数の外で宣言した値と異なる値を代入していますが、関数内の変数はローカル変数なので、外のグローバル変数に影響はありません。

グローバル変数を関数内で使用する

  $グローバル変数名 = 値;

  function 関数名()
  {
    global $グローバル変数名;
  }

グローバル変数を関数内で使用するには、グローバル変数の前に「global」を宣言します。

  $var = "グローバル変数";

  function which_var()
  {
    global $var;
    echo $var;
  }
  which_var();

このように「global」を使用することで関数内からグローバル変数にアクセスできます。

グローバル変数の値を関数内で変更する

  $グローバル変数名 = 値;

  function 関数名()
  {
    global $グローバル変数名;
    $グローバル変数名 = 新しい値;
  }
  $var = "グローバル変数";

  function which_var()
  {
    global $var;
    $var = "ローカル変数";
    echo $var . "<br>";
  }
  which_var();
  echo $var;

//出力
ローカル変数
ローカル変数

このように「global」を使用することで関数内からグローバル変数の値を変更できます。

以上です。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる