【PHP入門】配列の要素を分割して新しい配列を作る

所有時間1分

今回はPHPの「array_chunk」を使って配列を要素を指定した数で分割する方法について紹介します。

目次

array_chunkの使い方

array_chunk($array, $length[, $preserve_keys])

$array:array

対象となる多次元配列を指定

$length:int

分割する配列の要素数を指定

$preserve_keys:bool(オプション)

「true」の場合分割された配列の値のカラムキーが分割前のカラムキーと同じになります。

array_chunkの例($preserve_keys=falseの場合)

$array = ["a", "b", "c", "d", "e", "f", "g", "h"];
$newArray = array_chunk($array, 3);
print_r($newArray);

//出力
Array (
 [0] => Array ( [0] => a [1] => b [2] => c )
 [1] => Array ( [0] => d [1] => e [2] => f )
 [2] => Array ( [0] => g [1] => h ) 
)

このようにarray_chunkを使えば簡単に配列の要素を分割し新しい配列を作れます。$lengthで指定した数の要素が足りなくなった場合は残りの要素で配列が作られます。

array_chunkの例($preserve_keys=trueの場合)

$array = ["a", "b", "c", "d", "e", "f", "g", "h"];
$newArray = array_chunk($array, 3);
print_r($newArray);

//出力
Array (
 [0] => Array ( [0] => a [1] => b [2] => c )
 [1] => Array ( [3] => d [4] => e [5] => f )
 [2] => Array ( [6] => g [7] => h ) 
)

3つ目の引数$preserve_keysを「true」にすることで分割前のカラムキーを新しい配列で引き継ぐことができます。

以上です。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる