Flutter/Dart未経験からの学習コスト | Flutterのメリット・デメリット

Flutterの学習コスト
スポンサーリンク

Flutter/Dartとは?

Flutter/Dart

Flutterとは、2018年にGoogleがリリースした今世界で人気急上昇しているアプリケーションフレームワークです。また、FlutterにはJavaScriptの欠点を補うために開発されたDart言語が使われています。

Github(下の画像)によるプログラミング言語のランキングを見れば分かりますが、Dart言語はKotlinやSwiftを既に上回るほど急成長を続けています。

それでは、Flutterでのアプリ開発のメリットと向いてる人について紹介した後で、Flutterの学習コストについて触れていきます。

Flutterのメリット

Flutter学習コスト
Flutterでアプリ開発をするメリットをいくつかピックアップ!
  • 1つのコードで複数のアプリ開発が可能
  • ホットリロード機能によるアプリ開発の高速化
  • マテリアルデザインによる高機能で美しいUI
  • WidgetによるシンプルなUI構造
  • Firebaseとの相性が抜群
  • Android Studio/VS Codeでアプリ開発ができる
  • Googleによるサポート

Flutterでアプリ開発をするメリットには、様々なプラットフォームに対応、アプリ開発の高速化、美しいデザインなど魅力的なポイントがたくさんあります。

>> Flutterの特徴と将来性とは?Googleの次世代フレームワーク

Flutterに向いている人

merit
Flutterでのアプリ開発に向いている人の例をピックアップ!
  • なるべくシンプルなコードで開発したい
  • サービスアプリを作りたい
  • 複数のプラットフォームでアプリを公開したい
  • 美しいデザインのアプリを作りたい
  • 開発速度を上げたい
  • 開発コストを削減したい

特に、Javascriptの経験がある方は手軽にFlutterでアプリ開発を始められます。なぜなら、Flutterで使われているDart言語はJavascriptとほぼ同じ構文だからです。また、仮にJavascriptの経験がなかったとしても安心してください。Dart言語はプログラミング初心者でも扱いやすい上、FlutterではDart言語で作られた「Widget」を使ってより簡単に効率良くアプリ開発ができます。

>> 【Flutter】Widget・Widgetツリーの基本的な仕組み | FlutterアプリのUI構造

また、Flutterではホットリロード機能によるアプリ開発の高速化に加え、1つのコードから、IOS, Android, デスクトップ, Webブラウザアプリを開発できることから開発コストも大幅に削減できます。

>>【Flutter】待望のFlutter2がリリース|変更点と特徴

学習コストは「英語力」に影響される

Flutter company

これまでにFlutterのメリット/向いてる人について説明してきました。そして、Flutterにおける学習コストのハードルについて結論から言うと「英語力に影響される」です。

と言うのも、Flutterは2018年にリリースされたばかりの最新技術のため、日本語での情報量が現段階でほぼ無に等しいです。もちろん日本語による教材があることにはありますが、教材に載ってないことは海外のサイトで調べる必要があります。よって、現段階におけるFlutterの学習コストは英語ができない人にとっては高いです。

一方で、英語ができれば他のプログラミング言語と比べても、比較的簡単にFlutterをマスターできます。また、UdemyにおけるFlutterの教材も充実しています。

>>【Udemy】世界で1番人気のFlutter入門コース! Angela Yu

学ぶなら今がチャンス

canonical/Microsoft/Toyota

先ほど、英語力が無い人にとってFlutterの学習コストは高いと述べました。ただ、Flutterの将来性は高く、これからの時代においてFlutterができるエンジニアが重宝されるのはFlutterの世界的急成長率から見ても、まず間違いないと思われます。

実際、Canonical, Microsoft, Toyotaのような世界市場に大きな影響を与える大手企業は既に、Flutterの技術を使った次世代のプロダクト開発を進めています。また、あのアリババもFlutterをサポートしており、中国で1番人気アプリの「Wechat」もFlutterで開発されています。

よって、日本でFlutterエンジニアが希少な今こそが、Flutterの技術を身につけ、他のアプリ開発者たちと差をつけるチャンスだと思われます。

タイトルとURLをコピーしました