【Flutter/Dart】Setの基本的な使い方

Set
目次

Setとは?

Set

Setを使えば、複数のvalue(データ)を格納し、valueを1つの固まり(コレクション)として操作できます。また格納したvalueを後から置き換えたり、追加したり、削除したりと自由にvalueを操作できます。(同じvalueを複数格納できません)

Setの宣言

空のSetの場合

//宣言
Set<E> Set名 = {}; //空のSet

上のようにSetを宣言します。「E」に格納するvalueの型を代入します。

//例
Set<int> numbers = {}; //空のSet

>> 【Dart】static変数とdynamic変数の使い方|型と宣言

初期値をSetに与える場合

//例
Set<int> numbers = {1, 2, 3};

初期値を与える場合は、上のようにSetを宣言します。

valueを取得

//取得
Set名.elementAt(index);

宣言したSetからvalueを取得するには、elementAtメソッドを使います。

//例
Set<int> numbers = {1, 2, 3}; 
print(numbers.elementAt[0]); // 1 が出力

基本となるプロパティ

  • first:Setの先頭のvalueを戻り値としてreturn
  • last:Setの最後尾のvalueを戻り値としてreturn
  • isEmpty:valueが無い場合はtrue/ある場合はfalseを戻り値としてreturn
  • length:Setの長さを戻り値としてreturn

>> 【Dart】関数の使い方|定義・戻り値・引数・キーワード引数・アロー関数

first

Set<int> numbers = {1, 2, 3}; 
print(numbers.first); // 1 が出力

last

Set<int> numbers = {1, 2, 3}; 
print(numbers.last); // 3 が出力

isEmpty

Set<int> number = {};
print(number.isEmpty); // true が出力

length

Set<int> number = {1, 2, 3};
print(number.length); // 3 が出力

基本となるメソッド

  • add(value):Setの最後尾に新しいvalueを追加
  • addAll(Set<E> value):Setの最後尾に新しいList型のデータを追加
  • remove(value):指定したvalueをSetから削除
  • clear():Setのvalueを全て削除

>> 【Dart】関数の使い方|定義・戻り値・引数・キーワード引数・アロー関数

add(Set)

Set<int> number = {1, 2, 3};
number.add(4);
print(number); // {1, 2, 3, 4} が出力

addAll(Set<E> value)

Set<int> number = {1, 2, 3};
number.addAll({4, 5, 6});
print(number); // [1, 2, 3, 4, 5, 6] が出力

remove(value)

Set<int> number = {1, 2, 3};
number.remove(3);
print(number); // [1, 2] が出力

clear()

Set<int> number = {1, 2, 3};
number.clear();
print(number); // {} が出力
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる