【Flutter】Paddingの基本的な使い方

Padding使い方
この記事がおすすめな人
  • Flutterアプリ開発初心者
  • 英語のFlutterドキュメントを読むのが難しい
  • Padding Widgetの基本的な使い方が知りたい
Padding (Flutter Widget of the Week)

Paddingを使えば、child Widgetの余白を指定できます。

\ Widgetの扱い方が不安な方はこちら! /

スポンサーリンク

Paddingの基本となるプロパティ

  • child:余白を作りたいWidgetを指定
  • padding:child Widgetの余白を指定

padding

Card(
  color: Colors.yellow,
  child: Padding(
    padding: EdgeInsets.all(30),
    child: Text(
      'Hello World',
      style: TextStyle(
        fontSize: 30,
      ),
    ),
  ),
),

childプロパティで、余白を作りたいWidgetを指定します。

paddingプロパティで、childプロパティで指定したWidgetの余白を設定します。また、引数にEdgeInsetsを使用します。

>>【Flutter】paddingプロパティの使い方|EdgeInsets

Padding あり
Padding あり
Padding なし
Padding なし
タイトルとURLをコピーしました