【Flutter/Dart】演算子の種類と使い方

演算子
目次

演算子/被演算子とは?

演算子

演算子(operator)とは、プログラミング内で使用される記号のことを呼びます。

被演算子(operand)とは、演算子と共に使用される値(数値、文字など)のことを呼びます。

演算子の種類

  • 算術演算子:+, -, *, /, ~/, %, ++, –
  • 代入演算子:+=, -=, *=, /=, ~/=, %=
  • 比較演算子:>, >=, ==, <, <=, !=
  • 論理演算子:&&, ||, !
  • 型テスト演算子:is, is!
  • 三項演算子:(条件)?真の場合の処理:偽の場合の処理;

算術演算子

算術演算子を使えば、四則計算(足し算、引き算、掛け算、割り算)の値や余りを計算できます。

「+」「-」「*」「/」「~/」「%」

main() {
  //足し算
  print(5 + 1); // 6

//引き算
  print(5 - 1); // 4

//掛け算
  print(5 * 2); // 10

//割り算
  print(5 / 2); // 2.5

//割り算(小数点以下を切り捨て)
  print(5 ~/ 2); // 2

//余り
  print(5 % 2); // 1
}

「++」「–」

int, double型の変数の値を1増加/減少する場合は、++/–を使用できます。また++/–を変数の頭と尻尾どちらにつけるかで処理の順番が変わってきます。

main() {
// ++を変数の頭につける場合
  int num = 5;
  print(++num); // 6
  print(num); // 6

// ++を変数の尻尾につける場合
  num = 5;
  print(num++); // 5
  print(num); // 6

// --を変数の頭につける場合
  num = 5;
  print(--num); // 4
  print(num); // 4

// --を変数の尻尾につける場合
  num = 5;
  print(num--); // 5
  print(num); // 4
}

代入演算子

代入演算子を使えば、変数に値をを代入できます。

「+=」「-=」「*=」「/=」「~/=」「%=」

main() {
  //加算して代入
  int num = 5;
  num += 1;
  print(num); // 6

//減算して代入
  num = 5;
  num -= 1;
  print(num); // 4

//乗算して代入
  num = 5;
  num *= 2;
  print(num); // 10

//除算して代入
  double num2 = 5;
  num2 /= 2;
  print(num2); // 2.5

//除算して代入(小数点以下を切り捨て)
  num = 5;
  num ~/= 2;
  print(num); // 2

//剰余して代入
  num = 5;
  num %= 2;
  print(num); // 1
}

比較演算子

比較演算子

「>」「>=」「==」「<」「<=」「!=」

比較演算子を使えば、2つの値を比較し真偽値(true/false)を取得できます。また2つの値の一致/不一致/大小関係などを比較できます。また頻繁に条件分岐と一緒に使われます。

>>【Dart】条件分岐の使い方|if/switch/三項演算子

void main() {
  // A > B(AがBより大きい:true)
  print(5 > 1); // true

// A >= B(AがB以上:true)
  print(5 >= 1); // true

// A == B(AとBが等しい:true)
  print(5 == 1); // false

// A <= B(AはB以下:true)
  print(5 <= 1); // false

// A < B(AはBより小さい:true)
  print(5 < 1); // false

// A != B(AとBは異なる:true)
  print(5 != 1); // true
}

論理演算子

論理値演算子を使えば、真偽値に対して演算を行うことができます。

「&&」「||」「!」

void main() {
  // A && B(A=trueかつB=true => true)
  print(true && true); // true
  print(true && false); // false
  print(false && false); // false

// A || B(A=trueまたはB=true => true)
  print(true || true); // true
  print(true || false); // true
  print(false || false); // false

// !A(Aがfalse => true)
  print(!false); // true
  print(!true); // false
}

型テスト演算子

型テスト演算子を使えば、指定したオブジェクトが、指定した型と同じかどうかの真偽値を取得できます。

「is」「is!」

void main() {
// A is type(Aの型がtypeで指定した型と同じ:true)
  int num = 10;
  print(num is int); // true
  print(num is String); // false

// A is! type(Aの型がtypeで指定した型と異なる:true)
  print(num is! int); // false
  print(num is! String); // true
}

三項演算子

三項演算子を使えば、if-else文を1行のコードで表すことができます。

(条件)?真の場合の処理:偽の場合の処理;

void main() {
  //(条件式)?真の場合の処理:偽の場合の処理;
  int num = 8;
  (num >= 5) ? print('5以上') : print('5より下'); // 5以上
}

>>【Dart】条件分岐の使い方|if/switch/三項演算子

参考

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる