【Flutter/Dart】Loopの種類と使い分け|for文/while文/break文/continue文

スポンサーリンク

ループ処理(Loop)とは?

ループ処理とは、プログラムに繰り返し同じ処理をさせることを呼び、ループ処理には大きく分けてfor文とwhile文の2つがあります。

  • for文:ループ処理の回数が決まっている場合
  • while文:ループ処理の回数が決まっていない場合

for文、while文どちらを使っても同じループ処理ができます。ただ、ループ処理の回数が決まっていたら「for文」、回数が決まっていないなら「while文」と使い分けるのが一般的です。

また、for文やwhile文に「break文」「continue文」を実装することで、ループ処理を強制終了したり、ループ処理の途中でループの先頭に戻ったりできます。

for文とは?

Loop

for文とは、条件式で指定した条件回数を満たすまで処理を続けるループ処理のことを呼びます。また同じ系統のループ処理に、for-in文、forEach文があります。

>>【Dart】for文の使い方|Loop編 for/for-in/forEach

while文とは?

while文

while文とは、指定した条件式の真偽値が「true」の間、処理を続けるループ処理のことを呼びます。同じ系統のループ処理に、do-while文があります。

>>【Dart】while文の使い方|Loop編 while/do-while

break文とは?

break

break文は、for文やwhile文などのLoopと共に使われ、ループ処理の際、if文などでbreak文が実行されると直ちにループを強制終了します(break文の後の処理は実行されません)。

>>【Dart】break/continueの使い方|Loop編

continue文とは?

continue

continue文は、for文やwhile文などのLoopと共に使われ、ループ処理の際、if文などでcontinue文が実行されると直ちに、次のループ処理に移行します(continue文の後の処理は実行されません)。

>>【Dart】break/continueの使い方|Loop編

タイトルとURLをコピーしました