【Flutter/Dart】breakとcontinueの使い方

break/continue
スポンサーリンク

break文

break文は、for文やwhile文などのLoopと共に使われ、ループ処理の際、if文などでbreak文が実行されると直ちにループを強制終了します(break文の後のループ処理は実行されません)。

定義

//定義(for文の場合)
for(初期値;条件式;変化式){
  ...
  if(条件式){
    ...
    break;
  }
  ...
}
//例
void main() {
  for (var i = 0; i < 10; i++) {
    if (i == 5) {
      break;
    }
    print(i);
  }
}

// 1~4 が順に出力

continue文

continue文は、for文やwhile文などのLoopと共に使われ、ループ処理の際、if文などでcontinue文が実行されると直ちに、ループ処理の先頭に戻ります。

定義

//定義(for文の場合)
for(初期値;条件式;変化式){
  ...
  if(条件式){
    ...
    continue;
  }
  ...
}
//例
void main() {
  for (var i = 0; i < 10; i++) {
    if (i % 2 == 0) {
      continue;
    }
    print(i);
  }
}

// 1,3,5,7,9 が順に出力
タイトルとURLをコピーしました