【Flutter】Android Emulatorのセットアップ方法(MacOS/Windows)

Flutterの環境構築 Android Emulator
How to Install and Setup Flutter for App Development on Mac – Part 3

世界的に有名なプログラマー、Angela Yuさんが分かりやすくFlutterでAndroid Emulatorのセットアップ方法を紹介している動画がこちらです。

英語が分からない方のために動画の各パートの説明を日本語でまとめているので、動画と解説文の両方をご覧になってみてください。

スポンサーリンク

Android Emulatorのセットアップ方法

FlutterでAndroid Emulatorをセットアップする方法

独自にAndroid Emulatorのセットアップの動画を作ったのでこちらも良かったらご覧ください。

手順

  1. Android Studioの右上にある「AVD Manager」をクリックします。(14秒:Angelaさんの動画)
Android Emulator setup1
  1. 「Android Virtual Device Manager」が表示されるので「Create Virtual Device」をクリックします。(29秒)
Android Emulator setup2
  1. 「Select Hardware」でAndroid Emulatorで起動させたいデバイスを選択します。今回はAngelaさんの解説動画と同じ「Nexus 6」を選択します。デバイスを選択したら「Next」をクリックします。(33秒)
Android Emulator setup3
  1. 「System Image」でAndroid Emulatorをどのオペレーティングシステムで起動させるか選択します。また「Pie」がおすすめなので「Download」をクリックし、ダウンロードが完了したら「Next」をクリックします。(1分1秒)
Android Emulator setup4
  1. 「Android Virtual Device(AVD)」の「Graphics」で「Hardware」を選択し、「Finish」をクリックします。Hardwareを選択することでAndroid Emulatorを早く起動できます。(1分43秒)
Android Emulator setup5

これでAndroid Emulatorのセットアップは完了です。

Android Emulatorを起動させる

Android Emulatorを起動させるには下の画像の「Flutter Device Selection」、「AVD Manager」から起動できます。(メニューバーからも起動できる)

Android Emulator launch1

「AVD Manager」からAndroid Emulatorを起動させる場合、「AVD Manager」をクリックした後に「Actions」の「▶️ボタン」をクリックします。

Android Emulator launch2

Mac M1だとAndroid Emulatorが起動できない

Android Emulator cant launch

Mac M1を使用されている方はAndroid EmulatorをAndroid Studioで起動させようとすると、AVD Managerのポップアップで「The emulator process for AVD … was killed.」と表示され、Android Emulatorが起動できないはずです。

と言うのも、Android Studioでは現在、Mac M1でのAndroid Emulatorのサービスを提供していないからです。

よって、Mac M1を使用されている方はAndroid StudioでAndroid Emulatorを起動させる代わりに、別でAndroid Emulatorを起動させる必要があります。

Apple M1 and Android Emulator

英語が分かる方は、こちらの解説動画で、Mac M1でAndroid Emulatorを使用するセットアップ方法を確認できます。

また、こちらの記事でもMac M1で「Android Studio」の「Android Emulator」が起動できない時の対処法を紹介しています。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました