【海外大卒生が語る】着実に覚える!究極の英単語暗記術

title

カナダの大学を卒業した私が、渡航前に実践していた英単語暗記術を紹介します。そして、これから教える英単語暗記術は記憶力が乏しい人に絶大な効果を発揮します。なぜなら記憶力の乏しい私が試行錯誤の上で身に付けた暗記術だからです。

一見遠回りのようですが、ぜひ数日の間だけでも試してみてください。きっと英単語が驚くぐらい身についてくはずです!

スポンサーリンク

覚えるのに楽な道はない

ショック

Yahoo知恵袋を開くと「数日で英単語帳の単語をどうやったら覚えられますか?」など、いかに早くそして楽に英単語を覚えられるか質問している人をよく見ます。

そんな人にはっきり私から一言、「無理」です。

なぜなら、よほど記憶力に自信がある人でなければ、英単語を覚えていく側から、覚えた単語を忘れてしまうからです。また覚える期間が短かければ短いほど忘れるスピードも早くなります。

英単語を記憶に定着させるにはそれなりの時間、もしくは工夫が必要になります。

効果が薄かった暗記術

Not working

書いて覚える

英単語の暗記術の中で、最も効率の悪い方法が書いて覚えることです。

私が英語を勉強し始めた頃は効率の良い勉強方法がわからず、ひたすら英単語を書いて覚えようとしていました。ただ実際にはいくら単語を書いても、「書く」と言う単純作業を繰り返してるだけで、その時は覚えたと思っていても日が経つと、すぐに忘れてしまいました。また何千という単語を全て手書きで覚えるのに時間がかかりすぎてしまいます。

じっくり1単語の意味を覚える

単語帳で1単語の意味を全て覚えていく方法ですが、よほど記憶力に自信がない限りやめましょう。一つの単語にある全ての意味を理解しようとすると、こんがらがって記憶に定着しにくい上、時間がかかります。まずは1単語に対し1つの意味を覚えるのが最優先です。

サブリミナル効果で暗記

昔流行っていたサブリミナル効果的な暗記術で「瞬間的に単語の意味を見て、次の単語を見る」をひたすら繰り返すというものです。結論から言うと、この方法で単語の意味をしっかり覚えるのは難しいです。ただ「なんか知ってるかも」と言う雰囲気は得られます。なので単語帳を手に入れたらまず、この方法で3周ぐらいしてみるのはありだと思います。

忘れるまえに復習する

復習する

上記で述べたように、書いたり、1単語に時間をかける、もしくは単語の意味を瞬間的に見てるだけでは単語が頭に定着しないし、時間がかかって非効率です。なので「1単語1つの意味を見て覚えたら次の単語に移る」よう心がけましょう。

しかし実際のところ単語を覚えたと思っていてもすぐに忘れてしまうのが落ちです。だから忘れないように「復習するタイミング」と「復習する量」が単語を暗記する上で重要な鍵になってきます。

3歩進んで2歩下がる

英単語暗記術

私が使っていた究極の英単語暗記術のモットーはずばり、「3歩進んで2歩下がる」です!

新しい単語を覚えたら、すぐ前に戻って覚えているか確認していました。すると面白いように頭に単語が定着していきました。この暗記術では、1ページに乗っている新しい単語を全部覚えたと思ったら、単語帳の最初に戻って、今まで自分が覚えた単語を確認します。

例)
5ページ目を新しく覚える → 1ページ目に戻る → 1~5ページを復習
6ページ目を新しく覚える → 1ページ目に戻る → 1~6ページを復習
7ページ目を新しく覚える → 1ページ目に戻る → 1~7ページを復習

これをひたすら繰り返します。

新しい単語を覚えたら今までに覚えた全ての単語を復習するので忘れる暇を自分に与えさせません。またページ数が進むにつれて、早い段階で覚えた単語から順に着実に記憶に残っていきます。そして、一瞬単語を見ただけでその単語の意味を理解できるようになっていきます。

新しい単語を覚える度、一から復習するので時間がかかって嫌だと思うかもしれませんが、私からしたら確実に英単語を覚えていけたので英単語をマスターする一番の近道でした。

覚えられるか不安な方へ

この記事を読んでいる人の中には既に英単語を覚えることに苦手意識を持っている人がいるかもしれません。そんな方はまず自分の英単語帳を見てください。

もしあなたの使っている単語帳が綺麗なら、ボロボロになるまで使って見てください。きっとその頃には英単語を覚えることに対して苦手はなくなっているはずです。また単語帳をいくつ購入しても英単語力は伸びません。一つの単語帳を信じて、その単語帳に載っている単語をまずは覚えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました