Udemyセール開催中! 対象コースが1,220円から

ブロガーのためのプログラミング独学勉強法! ブログに必要なのはCSSだけ

ブログ運営していると、プログラミングを使って自在にブログデザインをカスタマイズしている人が羨ましいと思う方が少なからずいるはずです。

しかしながら、一度もプログラミングに触れたことがない人からすると「どうせ自分にはプログラミングなんて無理」と初めから決めつけてしまっている方が多いと思います。

よって、今回はそんなブロガーのために

「ブログ運営に必要なプログラミングスキルとは何か?」

「お金をかけずに誰でもプログラミングを学べるのか?」

などブロガーに必要とされるプログラミングスキルを身につけるためのロードマップを本記事で紹介していけたらと思います。

読者の中には本当にスクールに入学せずにプログラミングを学べるのか不安に感じてしまうかもしれませんが、私を含め多くの人が独学でプログラミングを習得しており、ブロガーの場合は「Web制作」の初歩スキル(HTMLとCSS)だけ学べば良いので長くても1週間あればブログ運営に必要なプログラミングスキルを身につけられます。

それでは「ブロガーのためのプログラミング独学勉強法」について順を追って紹介します。

目次

必要とされる「プログラミングスキル」は目的によって様々

プログラミング未経験のブロガーでも「1週間あればブログ運営に必要なプログラミングスキルが身に付く」とサラッと言われても信じ難いと思います。

実際、エンジニアを目指す人の中にはプログラミングスクールに入学したけど、途中で挫折してエンジニアになるのを諦めてしまう人も少なくありません。

よって、プログラミング学習で挫折してしまう人がいるのは確かです。

しかしながら、プログラミング学習と言っても目的によって「必要とされるプログラミングスキル」や「学習期間」は大きく変わってきます

要するに、プログラミングを学ぶ目的によって学習難易度が大きく変わります

ブロガーに必要なプログラミングスキルは「基本中の基本」だけ

恐らく、一般的なブロガーがブログ運営していてプログラミングに憧れを持つのが「ブログデザインを自在にカスタマイズできる点」だと思います。

私の場合だとワードプレスのテーマで「SWELL」を使用しているのですが、サイドバーの「プロフィール」文章の文字を小さくしたり、記事一覧リストのブログカードにマウスを重ねるとふわっと浮かぶようにしたりなど自在にデザインをカスタマイズしています。

イメージが湧かない人は下記事をチラッと見るのがオススメです!

実際、ブロガーでプログラミングを学びたい方の多くがこんな感じで自分が使用しているテーマデザインを自分でカスタマイズできるようになりたいと思っているはずです。

これ、実は簡単です!

先ほど、ブロガーなら1週間あればプログラミングスキルが身に付くと言いましたが、実際は3日もあればこの程度のスキルは身に付きます。

要するに、ブロガーに必要とされるプログラミングスキルとは「Web制作」における初歩中の初歩スキルでめちゃくちゃ簡単なんです。

実際に「動画学習教材」や「プログラミングスクールの無料体験」などでWeb制作の学習をしてみればわかりますが、ブロガーに必要とされるプログラミングスキルは、教材で言う「一番初めに習う優しいパート」で学習期間目安が長くても1週間ぐらいです。

しかも、ブロガーの場合は既に完成したウェブサイト(ブログ)を持っているので、「環境構築」と呼ばれるウェブサイトを作るための準備や、ウェブサイトの骨格となる「HTML」を作る必要がありません。(単語の意味・詳細は後で解説)

ブロガーに必要とされるプログラミングスキルは限定(ほぼCSS)されており学習難易度は低いので、ちゃんと「勉強法」さえ押さえていれば誰でもプログラミングスキルを身につけ、自在にブログデザインをカスタマイズできるようになります!

学ぶことが少なく・理解しやすいからスキルが身に付く!

ブロガーにとって必要なプログラミングスキルは限定されているので学ぶことは少なく、学習期間もかなり短くないので学習が維持しやすいと思われます。

特にこれからメインで学んでいく「CSS」はブログデザインをカスタマイズするために使用されるので視覚的にも理解しやすく挫折しにくいです。

読者の中にはプログラミングと聞くと「マトリック」の映画に出てくる真っ黒な四角い画面に無数の文字列がズラーと書かれているものを想像してしまうかもしれませんが、CSSでは「コンソール(真っ黒な画面)」を出てきません。

ブロガーの場合は「ワードプレス」で言う「追加 CSS」に少しコードを付け足すだけで、ブログデザインをガラッと変更できます。

こんな感じのコード↓

.p-profileBox__text{
  color: grey;
  font-size: 12px;
  line-height: 30px;
  margin: 20px 10px;
}

ちなみに上記のCSSコードでワードプレステーマ「SWELL」のプロフィール文章の色・フォントサイズ・行間・余白をマナブログ風に変更させることができます。

そして、このCSSこそがブロガーに必要なスキルになります!

Web制作に興味がある人は「JavaScript(ジャバスクリプト)」というワードを聞いたことがあるかもしれませんが、一般的なブロガーの場合、デザイン変更にjavaScriptは必要ありませんし、HTMLも学習してなんとなくイメージが湧くようになれば十分です。

デザインだけじゃない!モチベ上がりまくりのメリット

これからプログラミングの独学勉強法を紹介していく前に、ブログデザインのカスタマイズができる以外にもブロガーがプログラミングを学ぶメリットについて紹介しておきます。

と言うのも、プログラミング学習において大切なのは「モチベーション」だからです!

本記事を読んでいる読者は「学習意欲」が比較的高い人が多くと思いますが、プログラミングを学んでブログデザインのカスタマイズできるようになるのは、ブロガーがプログラミングを学ぶメリットの一部に過ぎません。

プログラミングスキルを身につけることで、自分独自のオリジナルCSSコードを紹介したり、学習体験談やアフィリエイト記事が書けたりとメリット盛りだくさんです。

学習を始めるだけでプログラミング記事が書ける!

雑記ブログを運営している人にとって自分が学んだこと、知っていることは全て「ブログ記事」としてアウトプットすることができます。

要するに、プログラミング学習を始めることでプログラミング記事が書けます!

読者の中には「プログラミングのプの字も知らない私にはそんな記事書けない!」と思うかもしれませんが需要は必ずあります。

と言うのも、プログラミング未経験の読者にとっては「プログラミングが既にできる人の意見」よりも「プログラミングを始めたばかりの人の心境」の方が共感できるからです。

読者の方でまだプログラミングに触れたことがない人からすると、自分と同じようにブログを始めてからプログラミング知識ゼロの状態でプログラミング学習を始めた人の「学習体験談」の方が気になるはずです。

また、自分が運営しているブログにファンがいる人からすると「えっ、この人プログラミング始めたんだ!」って興味からブログ記事を読んでくれる可能性も高く、プログラミング学習体験談を記事にするメリットは大きいはずです。

自分の作ったCSSコードを公開できる!

CSSのプログラミングスキルを身につければ、既存テーマのでデザインを自分好みに変更することが可能です。正直、これだけでもプログラミングを学ぶメリットは大きいですが、ブロガーとしてはデザインを変更して終わりでは勿体無いです。

せっかくなら自分が作ったCSSコードをブログ記事で紹介するのが良いと私は思います。

と言うのも、おしゃれなブログに訪れた読者からすると「このデザイン良いなぁ。マネしたいなぁ。」って方が少なからずいるはずなので、そんな方向けに自分が作った「オリジナルCSSコード」をブログで紹介してあげるんです。

自分が作ったコードなので「独自性」がありますし、ブログ記事を書くことで学習したことをアウトプットでき、PV数も稼ぐことができるので良いこと盛りだくさんです。

どんな風に「CSSコード」のプログラミング記事を書けば良いか気になる方は、下記事をチェックしてみてください。

ブログ運営者なら最低でも「HTML」は知っておくべき!

ブログデザインをカスタマイズするために「CSS」は必須ですが、CSSをブログで使用するために「HTML」をなんとなく理解しておく必要があります。

読者の中にはHTMLと聞いて「CSSだけじゃないの?」と不安に思った方がいると思いますが安心してください。ブログで既存テーマを使用している方は「HTML」で自分でコードを作ることはまずありません。

と言うのも、私を含め一般的なブロガーがHTMLを使用するのは「カスタムHTML」でアフィリエイト広告やアドセンス広告などのHTMLコードをコピペする時ぐらいです。

しかしながら、この「HTML」とはブロガーにとって一番短かな存在で、本気でブログをやっていきたい人なら知っておいて損はないと私は思っています。

なぜなら、今こうやって読者が見ているブログ記事・ウェブサイトはプログラミングコードによって構成されています。そして、Googleなどの検索エンジンはこの「コードの塊」でブログ記事のコンテンツをチェックしているんです。

そして、この「コードの塊」の基本構成要素となっているのが「HTML」です!

ブログにワードプレスを使用している方向けにイメージしやすいよう一言付け加えておくと、ブログ記事を書く編集ページに「HTMLとして編集」ってのがあると思いますが、そのタイトル通り、ブログ記事はHTMLで書くことができます。

恐らく、ほぼ100%のワードプレスユーザーの場合は「クラシックエディタ」または「ブロックエディタ」を使用して日本語で文章を書いたり、テーブルを作ったり、画像を貼り付けたりしていると思いますが、実際のところ裏で「HTMLコード」を作っているんです。

極端な話、ワードプレスとはHTMLコードを誰でも簡単に作れるツールな訳です。

実際はこれにプラスでデザインを良くしたり(CSS)、機能性を付けたり(JavaScript, PHPなど)していますが、ウェブサイトの基本構成要素はこの「HTML」になります。

よって、ブロガーなら「HTML」ぐらいは知っておいた方が良いと思います。

読者の中には「HTMLてなんだか難しそう...」と思う方がいるかもしれませんが、HTMLが一番簡単です。どの学習教材(Web制作における)でも一番初めにHTMLを学ぶのですが、CSSよりも学ぶことが少なく、半日もあればHTMLはマスターできます。

ブロガーの場合、2~3時間もあれば十分です。(詳細は後)

プログラミングスクールのアフィリエイト記事が書ける

プログラミング学習を始めると、プログラミングスクールに興味が湧いてくる方がいると思います。そんな方はプログラミングスクールの無料カウンセリングに参加してプロのカウンセラーにプログラミングに関する質問をしてみるのがオススメです。

というのも、無料カウンセリングに参加することで高単価案件が豊富なプログラミングスクールのアフィリエイト記事が書けるようになるからです。

私は現時点で8つのプログラミングスクールの無料カウンセリングに参加して、プログラミング学習における気になる点、各プログラミングスクールの特徴など質問したことでアフィリエイト記事のネタをたくさん手に入れることができました。

プログラミンスクールのアフィリエイト記事の成果報酬は数万円と高く、スクールの記事を書くようになってからはアフィリエイト収入が月10万円以上を超えるようになりました。

後で詳しく解説しますが、プログラミングスクールの無料カウンセリングに参加するだけで、プログラミングを学べたり、Amazonギフト券がもらえたりとメリットがたくさんあります。

ブロガーのためのプログラミング独学勉強法

少し冒頭が長くなりましたが、これからブロガーのための「プログラミングの独学勉強法」について紹介していきます。

あくまでプログラミングを学んでブログのデザインを自分好みにカスタマイズしたい人向けのプログラミング学習法を紹介していくので、エンジニア転職、副業、フリーランスを目指したい方には参考にならないのをご了承ください。

エンジニア転職、副業、フリーランスに興味がある方は下記事がオススメです。

読者の中には「自分に本当にプログラミングでデザインをカスタマイズできるかな?」とドキドキしている方がいるかもしれませんが、ブロガーの場合は学習難易度は高くないので気楽に読んでいただけたらと思います。

ちなみに、ブロガーのプログラミング学習のステップは以下の通りです。

STEP
自分に合う動画教材を見つける

STEP
HTMLを何となく理解する

STEP
CSSの基本を理解する

STEP
デベロッパーツールの使い方を理解する(ここが重要)

STEP
自分のブログでCSSを使ってみる

STEP
必要に応じて知識を増やしていく

それでは上記のステップに沿ってブロガーのためのプログラミング学習方法と実践方法について紹介していきます。

自分に合った動画教材を見つける!YoutubeまたはUdemyがオススメ

プログラミングの学習教材には「動画教材」がオススメです。

今まで学校などで色々学習してきた人からすると「参考書が必要なのかな?」と思うかもしれませんが、参考書でプログラミングを学ぶのは難しいのでやめた方が良いです。

と言うよりも、動画で学習した方が圧倒的に楽です!

YoutubeでもHTMLやCSSの使い方について説明している無料講座がたくさんあるので一切お金をかけたくな人はYoutubeだけで学べば良いと私は思っています。

ウェブ制作(HTML, CSS)の解説をしているYoutuberはめちゃくちゃいますが解説内容は基本的に同じなので、自分が一番理解しやすいなって思うYoutuberでプログラミング学習をすれば良いと思います。

侍エンジニア塾」と呼ばれるプログラミングスクールがHTMLとCSSとは何かについてYoutubeで紹介しているので上動画を見ておくのがオススメです。

上動画を視聴することで次からの説明がかなり理解しやすくなると思います。

オススメのYoutuber

また、読者の中にはYoutubeでは誘惑が多くて勉強できない、買い切り型のまとまった教材が欲しいって方がいると思います。そんな方は買い切り型のオンライン学習サービス「Udemy(ユーデミー)」で学習するのがオススメです。

Udemyの場合、最安1200円で自分に合ったプログラミング講座を永続的に視聴できるのでコストも低く、優良講座が多いので学習効率もかなり高いと思います。

ちなみに私はUdemyで50講座以上購入しておりプログラミングは全てUdemyで学習しました。

Udemyのオススメ講座

「学習意欲を高める」ならプロのカウンセラーに無料相談

学習教材が決まったら動画を見ながらHTMLとCSSを学習していくことで、ブログテーマのデザインをカスタマイズできるプログラミングスキルを数日もあれば身につけられます。

何度も言いますが、難しそうに見えて実は簡単です!

しかしながら、読者の中にはYoutubeで講座をちょこっと見たら圧倒されてしまい「やっぱ、私には無理」と学習意欲が失せてきてしまった方がいるはずです。プログラミングって学習を始めるまでのステップがなかなか踏み込めない方が多いと個人的に思います。

そんな方は、一度プログラミングスクールの無料カウンセリングでプロのカウンセラーに「プログラミングの学習方法」や「オススメのYoutube講座・Udemy講座」について相談して学習意欲を高めるのがオススメです。

私は何度もプログラミングスクールの無料カウンセリングに参加しましたが、プログラミングに関する質問なら大抵のことは答えてくれます。

ここまでの話を聞いて「プログラミングスクールに入学する気がないのにカウンセリングに参加していいの?」と思った方がいると思いますが大丈夫です。

むしろ、プログラミングスクールの無料カウンセリングに参加する人のほとんどがプログラミングをあまり知らずに、とりあえず話を聞いてみようって人ばかりです。

プログラミング知識ゼロの状態で、プログラミングスクールの無料カウンセリングに参加するなら「侍エンジニア塾」または「テックアカデミー」がオススメです。

侍エンジニア塾の場合だと無料カウンセリングに参加するだけで「Amazonギフト券1000円分」と「SAMURAI式独学メソッド」がもらえるのでとりあえず参加して損はないと思います。

それに何よりプログラミングスクールの無料カウンセリングに参加することで「体験談のアフィリエイト記事」が書けるのでブロガーなら参加するのがオススメです!

プログラミングスクールの無料体験で学習方法を知る

読者の中には独学で勉強するよりも、プログラミングスクールで学習する方が効率良さそうだと思いがちですが、実際はそんなことありません。

実際、スクールによってはいつでもチャットやビデオ通話で質問することができますが、学習スタイルは基本的に独学です。

要するにプログラミングスクールに入学したところで、テキスト教材または動画教材を見て自分で学び、分からないことがあったら質問する学習スタイルです。

よって、分かりやすい動画教材を見つけられればプログラミングスクールに通う必要は一切ないので安心してください。けど、読者の中にはプログラミングスクールがどうしても気になるって思う方がいると思うので、そんな方はプログラミングスクールの教材の一部が無料体験できる「テックアカデミー」、「DMM WEBCAMP」または「CodeCamp」に参加するのがオススメです。

実際に参加してみれば分かりますが、Youtubeなどで独学するのと大差ありません。

高いお金を出せばプログラミングスキルが身につくっていうのは単なる「思い込み」なので、YoutubeやUdemyのような動画教材で費用を抑えてプログラミング学習をしていくのがオススメです。

HTML・CSSを学んだらChromeの「開発ツール」を覚えよう!

動画教材でHTMLとCSSの基本を学んだら実際に自分のブログテーマのデザインをカスタマイズしていきます。

そして、そのために必要となってくるのが「Chrome」のデベロッパーツール(開発ツール)です。Chromeを使用している人なら誰でも使用できる無料ツールなので、Chromeを使用していない方はパソコンにダウンロードしておくようにしましょう。

このデベロッパーツールでブログのテーマで変更を加えたいパーツ(ヘッダメニューの高さ、フッターのフォントサイズなど)の「class」または「id」を取得し、CSSでデザインを変更できます。

開発ツールの詳細は下記事をお読みください。

デベロッパーツールを初めて使用すると「えっ、なにこれ?」と驚く方が多いと思いますが、ブロガーにとってデベロッパーツールで必要なのはブログのHTML要素のclassまたはidを取得するための「Elements」だけです。

デベロッパーツールは少し圧倒されますが、学ぶことはHTML要素の取得1つだけで3分もあればマスターできてしまいます。デベロッパーツールの使い方については別記事で紹介していくつもりです。

結論|難しそうと感じたら無料体験に参加してみる!

ブロガーがブログのテーマをカスタマイズするために必要なプログラミングスキルは「HTML」と「CSS」の2つで、実際に使用するのは「CSS」のみです。

また、自分のブログテーマで変更したいパーツのclassまたはidを取得するために必要なChromeの「デベロッパーツール」の使い方を覚えればデザインを自在にカスタマイズできるようになります。

しかしながら、本記事を読んだ読者(まだプログラミングに触れていない読者)の中には「やっぱりプログラミングの独学は難しそう」と思ってしまった方がいると思います。

そんな方はプログラミングスクールの教材の一部が無料体験できる「テックアカデミー」、「DMM WEBCAMP」または「CodeCamp」に参加するのがオススメです。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる