【Mac版】FlutterをAndroid Studioでセットアップする方法 & 新規プロジェクトの作成

Flutterの環境構築2
How to Install and Setup Flutter for App Development on Mac – Part 2

世界的に有名なプログラマー、Angela Yuさんが分かりやすくMacOSでのFlutterのAndroid Studioのインストール方法を紹介している動画がこちらです。

英語が分からない方のために動画の各パートの説明を日本語でまとめています。また、こちらの動画は最新動画ではないため、動画の2分32秒以降は日本語の解説をお読みください。

スポンサーリンク

Android Studioのダウンロード

手順

  1. Flutterの「Set up an editor」ページを開き、「Android Studio」 > 「Download Android Studio」の順にボタンをクリックするとAndroid Studioのダウンロードが始まります。(11秒) 

既にFlutterで指定されているversionよりも最新のAndroid Studioをインストールされている方は、このステップを飛ばして大丈夫です。

Android studio download1
Android studio download1

Android StudioにFlutter/Dartのプラグインをインストール

手順

  1. Flutter/DartのプラグインをAndroid Studioにインストールするために、Android Studioの右下にある「Configure」をクリックした後、「Plugins」をクリックします。(54秒:動画と少し異なる)
plugins
  1. 「Plugins」を開いたら、左下にある検索バーで「Flutter」を検索するとFlutterのロゴがついたプラグインが表示されるので、右上の「Install」をクリックします。またFlutterのプラグインが無事インストールされると右上に「Installed」と表示されます。(1分20秒:動画と少し異なる)
flutter完了

また「Flutter」のプラグインをインストールする際に「Dart」のインストールが必要とポップアップが表示されると思うので一緒に「Dart」もインストールします。Dartのプラグインがインストールされているか検索バーで確認しておいてください。

dart完了
  1. 「Flutter」「Dart」のプラグインのインストールを完了したら、一度Android Studioを再起動します。Android Studioのスタート画面で「Create New Flutter Project」と表示されていたら、無事Android StudioにFlutterがインストールされています。(2分20秒)
Android Studioインストール完了

Android StudioでFlutterの新規プロジェクトを作成

手順

  1. Android Studioを開いたら「Create New Flutter Project」をクリックします。(2分32秒)
Android Studioインストール完了
  1. 「Flutter SDK path」でFlutterのSDKがインストールされているpathが正しかったら「Next」をクリックします。
  1. 最後にFlutterの新規プロジェクトの設定を行い完了したら「Finish」をクリックします。
Flutterの新規プロジェクト設定
  1. Project name:Flutterのプロジェクト名を指定
  2. Project location:プロジェクトの保存先を指定
  3. Decription:プロジェクトの説明文を指定
  4. Organization:プロジェクト制作者、もしくは企業名を指定
  5. AndroidまたはiOSで使われる言語を指定(デフォルトのままで大丈夫)
  6. Platforms:アプリ開発したいプラットフォームを指定

これでFlutterの新規プロジェクトが作成されます。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました