【Mac版】Flutter SDKのインストール方法 (bash/zsh対応)

【Mac版】FlutterのSDKインストール方法

「MacBookでFlutter SDKをインストールする方法が知りたい」

「bash/zshそれぞれのSDKのインストール方法が知りたい」

このような疑問にお答えします。

こちらの解説動画では「bash」でのSDKインストール方法を紹介しているので「zsh」を使用している方は途中本記事のガイドラインに沿ってセットアップを行ってください。また、最新動画ではないため動画の4分40秒以降での解説と本記事の解説が若干異なる点があります。

本記事ではUdemyの人気プログラミング講師であるAngela Yuさんの解説動画に沿ってMacBookでのFlutter SDKのインストール方法を紹介します。英語での解説動画になるので、動画のステップごとに本記事の日本語解説と見比べながらセットアップするのがおすすめです。

ティファ

それでは、Flutter SDKのインストール方法を紹介していくよ!

目次

Flutter SDKのダウンロード方法

STEP
Flutter SDKをダウンロード
SDKのインストール1
  • Flutterの「SDK Install」ページを開き「MacOS」をクリックします。(1分48秒)
  • 「MacOS install」ページを開いたら「Get the Flutter SDK」をクリックし、FlutterのSDKをダウンロードします。(2分16秒)
STEP
ダウンロードしたzipファイルを解凍
SDKのインストール2
  • ダウンロードしたzipファイルを解凍し「flutter」フォルダを取得(2分49秒)
STEP
Flutter SDKを保存するフォルダを作る
SDKのインストール3
  • ユーザーフォルダ直下で「Developer」フォルダを作り、先ほど取得した「flutter」フォルダを「Developer」フォルダに移動させます。(今回はフォルダ名を「Developer」としましたが好みの名前で大丈夫です。以下、flutterフォルダが格納されているフォルダを「Developer」として説明していきます。(3分14秒))
ティファ

Flutter SDKのダウンロードはこれで完了だよ。

Flutter SDKのインストール方法:pathを通す(zsh/bash別)

動画解説と若干手順が異なってきます。また、自分のパソコンのシェル(zsh/bash)を確認してセットアップを行ってください。

STEP
下準備:使用しているパソコンのシェル(zsh/bash)を確認
  • 「terminal」を開き「echo $SHELL」とコマンドを入力すると使用しているシェルが確認できます。
//使用しているシェルを調べる
echo $SHELL
SDKのインストール4
この場合シェルは「zsh」です。

コマンドを入力してterminalで出力されたのが「/bin/bash」ならシェルは「bash」、「/bin/zsh」ならシェルは「zsh」です。(動画では解説されていません)

STEP
pathを通す:その1
//bashの場合
vim ~/.bash_profile

//zshの場合
vim ~/.zshrc

使用しているシェルに応じて上記のコマンドを入力して「Enter」をクリックします。(4分50秒)

STEP
pathを通す:その2
export PATH="$PATH:(flutterフォルダまでのpathを入力)/bin"

//例
export PATH="$PATH:Users/ユーザーフォルダ/Developer/flutter/bin"

次に、pathを通すために「i」をクリックしINSERTモードに切り替えたら、上記のようにpathを入力し「Enter」をクリック、「esc」クリックします。(動画の手順とは少し違います。)

STEP
pathを通す:その3
:wq!

最後に「:wq!」とコマンドを入力し変更を上書きすればFlutter SDKのインストールは完了です。

STEP
pathが通っているか確認
which flutter

一度、terminalを再起動してpathが通っているか確認します。terminal再起動後に「witch flutter」とコマンドを入力し「Enter」をクリックします。

/Users/ユーザーフォルダ/Developer/flutter/bin/flutter

terminalで上記の文字が出力されれば無事pathが通っています。

ティファ

これでMacBookでのFlutter SDKのインストールは完了だよ!

Flutter SDKのインストール後にやること!

Flutter SDKのインストールが完了した次はIDEのセットアップを行いましょう。

FlutterではAndroid Studio・IntelliJ IDEA・Visual Studio CodeといったIDEでアプリ開発が可能です。中でもAndroid StudioによるFlutterアプリ開発が人気です。

FlutterをAndroid Studioで開発したい方はこちらの記事をお読みだくさい。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる