【Flutter/Dart】パッケージが導入・使用できない時の対処方法

【FlutterDart】パッケージが導入・使用できない時の対処方法

「Flutterにパッケージが導入できない」

「コンソール上で「A package may not list itself as a dependency.」のエラー文が表示される」

「pubspec.yamlファイルにパッケージを導入したのに使用できない」

この記事ではこのような疑問に答えていきます。

結論

Flutterでパッケージが導入できない原因は初歩的なミスの場合がほとんどなので、初心者にありがちなミスを一つ一つチェックしていきましょう。

Flutterの外部パッケージの導入自体は難しくないので「外部パッケージが導入できない!」って悩んでいる方の多くは初歩的なミスをしている可能性が高いのでこちらの記事で導入方法を再度チェックしてみてください。

ティファ

それでは外部パッケージ導入する際のチェック事項をいくつかあげていくよ!

目次

Flutter初心者がパッケージを導入できない時のありがちなミス

  • プロジェクト名が導入したいパッケージ名と同じになっていないか?
  • pubspec.yamlファイルに適切にコードが追加されているか?
  • 「flutter pub get」でpubspec.yamlファイルが更新されているか?
  • 使用するDartファイルにパッケージがインポートされているか?
  • 導入はちゃんとできているけど、コードが間違っている
ティファ

おそらくパッケージが導入できない原因は上記のポイントのいずれかに当てはまると思うので順にチェックしていこう!

プロジェクト名が導入したいパッケージ名と同じになっていないか?

パッケージ導入できない1

プロジェクト名と導入したいパッケージ名が同じだと正常にpubspec.yamlファイルを更新できません。仮にプロジェクト名をパッケージと同名にして「flutter pub get」でpubspec.yamlファイルを更新すると「A package may not list itself as a dependency.」とエラー文がコンソール上で表示されます。

pubspec.yamlファイルに適切にコードが追加されているか?

外部パッケージ導入2

おそらくFlutter初心者が1番やりがちなミスが、pubspec.yamlファイルに外部パッケージがきちんと追加されていない場合です。

flutter pub add パッケージ名

導入したい外部パッケージのトップ画面を開いたら「Installing」に記述されてある上記のコード(flutter pub add パッケージ名)をコピー、ターミナルでペースト&実行することで簡単に外部パッケージの使用に必要なコードをpubspec.yamlファイルに追加できます。

ティファ

手動でも外部パッケージを導入できるけど、ターミナルで導入した方が正確かつ簡単に外部パッケージをpubspec.yamlファイルに追加できるよ。

「flutter pub get」でpubspec.yamlファイルが更新されているか?

パッケージ導入できない3

ターミナルを使わず、手動でpubspec.yamlファイルに外部パッケージを追加した場合、後でpubspec.yamlファイルを更新をする必要があります。pubspec.yamlファイル更新するにはターミナルで「flutter pub get」のコマンドを入力、または「Pub get」をクリックしてください。

使用するDartファイルにパッケージがインポートされているか?

外部パッケージ導入4

pubspec.yamlファイルに使用したいパッケージを導入したら、Flutterでアプリ開発をしている「main.dart」に上画像の赤枠のコードコピペする必要があります。

導入はちゃんとできているけど、コードが間違っている

pubspec.yamlファイルに正常にパッケージを追加できて、使用するDartファイルにもパッケージをインポートしたのにも関わらず、導入したパッケージのWidgetを使用するとエラーが出て困っている方は、もしかしたら導入ができているけどコード自体が間違っている可能性があるので、間違いがないかチェックしてみましょう。

外部パッケージに含まれているlibraryドキュメントの開き方はこちらで紹介しています。

まとめ

  • プロジェクト名が導入したいパッケージ名と同じになっていないか?
  • pubspec.yamlファイルに適切にコードが追加されているか?
  • 「flutter pub get」でpubspec.yamlファイルが更新されているか?
  • 使用するDartファイルにパッケージがインポートされているか?
  • 導入はちゃんとできているけど、コードが間違っている

外部パッケージが導入できない原因のほとんどがpubspec.yamlファイルによるものなのでコードがきちんと追加されているか、pubspec.yamlファイルが更新されているかチェックしましょう。

Flutterを学ぶなら「Udemy」または「侍エンジニア塾」

  • 独学でFlutterを学ぶなら「Udemy」
  • プログラミングスクールで学ぶなら「侍エンジニア塾」

Flutterは2018年にリリースされたばかりの最新技術のため日本語ソースが圧倒的に少なく勉強方法が制限されています。ただ、英語が分からなくてもFlutterを先取りして勉強する方法はあります。

独学でFlutterを勉強するなら世界最大級のオンライン学習プラットフォーム「Udemy」、プログラミングスクールで講師からマンツーマンでFlutterを学習したい方は「侍エンジニア塾」がおすすめです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる