Udemyセール開催中! 対象コースが1,220円から

【Flutter/Dart】パッケージが導入・使用できない時の対処方法

Flutter 使用できない時の対処法


今回は外部パッケージが導入できない時の対処法について解説します。

目次

外部パッケージが導入できない理由として考えられること

「プロジェクト名」が「パッケージ名」と同じ場合

パッケージ導入できない1

プロジェクト名とパッケージ名が同じだと正常にpubspec.yamlファイルを更新できません。

pubspec.yamlにコードが正しく追加されていない場合

外部パッケージ導入2

pubspec.yamlに外部パッケージがきちんと追加されていない可能性が1番高いと思われます。

手動入力した場合はインデントのミスの可能性が高いので、コードをコピペまたはターミナルからコマンドを実行して追加するのがおすすめです。

$ flutter pub add パッケージ名

上記のコマンドを実行すると自動でpubspec.yaml > dependenciesに追加されます。

pubspec.yamlが更新されていない場合

パッケージ導入できない3

pubspec.yaml > dependenciesに正しくコードが追記されていても、pubspec.yamlを更新しなければ外部パッケージは使用できません。

よって、テキストエディタのUIまたはターミナルからコマンドを実行してpuspec.yamlを更新する必要があります。

$ flutter pub get
$ flutter pub upgrade(アップグレードする場合)

Dartファイルにパッケージがインポートされていない場合

外部パッケージ導入4

pubspec.yamlに正しく追記・更新されていてもパッケージをインポートしなければ使用できません。

これらを踏まえて再度パッケージを導入

外部パッケージが導入できない可能性は基本的に上記で述べたいずれかに当てはまると思います。下記事を参考にしながら導入するのがおすすめです!

以上です。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる