【Flutter】新規DartファイルをFlutterで追加する方法

【Flutter】新規DartファイルをFlutterで追加する方法
本記事で分かること

新規DartファイルをFlutterで追加する方法が分かる。

新しい画面やクラスを別のDartファイルで作りたい方のために、Flutterで新規Dartファイルを追加する方法を紹介します。また、新しく作成したDartファイルのクラスを別のDartファイルで使用する方法が知りたい方はこちらの記事をお読みください。

ティファ

それでは、新規DartファイルをFlutterで追加する方法を紹介していくよ!

目次

新規Dartファイルを追加する方法

STEP
新規Dartファイル作成1

「Project」にある「lib」を右クリックし「 New 」から「 Dart File」をクリックします。

STEP
新規Dartファイル作成2

「Dart File」をクリックしたら、新規Dartファイルの名前をつけます。

ティファ

今回は「screen2」と新規Dartファイルに名前をつけているよ!

STEP
完了
新規Dartファイル作成3

名前をつけ終えると、libディレクトリに新規Dartファイルが追加されています。

ティファ

これで、新規Dartファイルの追加は完了だよ。Dartファイルのクラスを別のDartファイルで使用する方法が分からない方はこちらの記事がおすすめだよ!

Flutterを学ぶなら「Udemy」または「侍エンジニア塾」

  • 独学でFlutterを学ぶなら「Udemy」
  • プログラミングスクールで学ぶなら「侍エンジニア塾」

Flutterは2018年にリリースされたばかりの最新技術のため日本語ソースが圧倒的に少なく勉強方法が制限されています。ただ、英語が分からなくてもFlutterを先取りして勉強する方法はあります。

独学でFlutterを勉強するなら世界最大級のオンライン学習プラットフォーム「Udemy」、プログラミングスクールで講師からマンツーマンでFlutterを学習したい方は「侍エンジニア塾」がおすすめです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる