【Flutter】iOS/Androidアプリのアイコンの作り方/設定方法

スポンサーリンク

iOS, Androidアプリのアイコンを作る

App Icon Generator」のサイトでIOS, Androidアプリ向けのアイコンを簡単に作れます。

手順1

App Icon Generator
引用元:App Icon Generator

App Icon Generatorのサイトを開いたら、画像の左側にある「Click or drag image file」と書いてある所に用意しておいたイメージをアップロードします。

手順2

App Icon Generator2
引用元:App Icon Generator

用意したイメージをアップロードしたら、画像の右側の蘭で作りたいデバイスのアイコンにチェックを入れます。今回は、iphoneとAndroidにチェックを入れます。

最後に「Generate」ボタンをクリックすれば、Flutterで扱えるiOS, Androidのアイコンのzipファイルがダウンロードされます。

AppIcons
iOS&Android-icons

ダウンロードしたzipファイルを開き、AppIconsフォルダを開くと2つのフォルダがあります。「Assets.xcassets」はiOSのアイコンに使い、「android」はAndroidのアイコンに使います。

FlutterでiOSアプリのアイコンを設定する

動画のように、Assets.xassetsフォルダを開きます。(Project > ios > Runner > Assets.xassets)

Icon for apple

Runnerフォルダを開くと、Assets.xassetsフォルダがあるので、先ほどダウンロードした同名のフォルダと置き換えます。

completed apple icon

フォルダを置き換えた後で、iOSアプリをビルドし直すとアイコンが反映されます。

FlutterでAndroidアプリのアイコンを設定する

動画のように、resフォルダを開きます。(Project > android >app > src > main > res)

Icon for Android2

resフォルダを開くと、上の画像のように9つのフォルダがあります。そのうち、フォルダの名前が「mipmap」で始まる5つのフォルダを、先ほどダウンロードしたandroidフォルダの同名のフォルダと全て置き換えます。

completed Android icon

フォルダを置き換えた後で、Androidアプリをビルドし直すと新しいアイコンが反映されます。

タイトルとURLをコピーしました