【Flutter/Dart】ExceptionとErrorの区別と種類

Exception/Error
スポンサーリンク

Exception/Errorとは?

Exception(例外)とError(エラー)の違いを簡単に説明すると

Exceptionとは、プログラムの実行における想定内のエラーで、発生したエラーをプログラムで対処可能

Errorとは、プログラムの実行における想定外のエラーで、発生したエラーを修正するにはプログラマーによる対処が必要

  • Exception(例外):想定内のエラー(プログラムで対処可能)
  • Error(エラー):想定外のエラー (プログラマーによる対処が必要)

例外処理とは?

例外処理

例外処理とは、プログラム実行中にExceptionが発生した時に対処する処理のことです。よって、Errorが発生してもプログラムで対処はできません。また、Exceptionが発生する可能性のある始めの処理を「try」と呼び、Exceptionが発生した場合、次のような処理に移行できます。

  • try-on文:1つのExceptionに対して有効
  • try-catch文:複数のExceptionに対して有効
  • try-on-catch文:try-on文とtry-catch文の複合処理

また、Exceptionを意図的に発生させたり、例外処理の最後に必ず実行する処理を指定したりできます。

  • throw:Exceptionを意図的に発生させる
  • finally:Exceptionの発生の有無に関わらず例外処理の最後に必ず実行

Exception一覧

Error一覧

参考

タイトルとURLをコピーしました