Udemyセール開催中! 対象コースが1,220円から

【Flutter×Firebase】AndroidアプリにFirebaseを追加する

今回はFlutterで開発しているAndroidアプリにFirebaseを追加する方法を紹介します。

目次

新規プロジェクトを作成

まずはFirebaseコンソールで新規プロジェクトを作成します。

AndroidアプリにFirebaseを追加する

プロジェクトを作成したら「Androidアプリ」を選択し、Flutterで開発しているAndroidアプリにFirebaseを追加していきます。

アプリの登録

Project > android > app > build.gradleの「applicationId」がAndroidパッケージ名になります。

設定ファイルのダウンロード

「google-services.json」をダウンロードしてProject > android > app直下に移動させます。

Firebase SDK の追加

Project > android > build.gradleに追加

buildscript {
  repositories {
    //無い場合は追記
    google() 
  }
  dependencies {
    ...
    //追記
    classpath 'com.google.gms:google-services:4.3.10'
  }
}

allprojects {
  ...
  repositories {
    //無い場合は追記
    google()
    ...
  }
}

Project > android > app > build.gradleに追加(Kotlinの場合)

apply plugin: 'com.android.application'
//追記
apply plugin: 'com.google.gms.google-services'

dependencies {
  //追記
  implementation platform('com.google.firebase:firebase-bom:29.1.0')
  implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics-ktx'
}

両方のbuild.gradleにコードを追記したら、一度Android Emulatorを起動させコンソールでエラーが出ないかチェックします。

エラーがなければFirebaseコンソールに戻り「次へ」をクリックします。これでAndroidアプリへのFirebase追加は完了です。

FlutterFireのプラグインを取得

あとはFlutterFireから必要なプラグインを選びpub.devの指示に従ってpubspec.yamlに追加・更新すればOKです。

以上です。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる