Udemyセール開催中! 対象コースが1,220円から

【Flutter×Firebase】Cloud Firestoreでデータベースを作成

今回は「Cloud Firestore」でデータベースを作成する方法を紹介します。

まだFirebaseでプロジェクトの作成が済んでいない方はこちら!

目次

Cloud Firestoreでテータベースを作成

作成したFirebaseプロジェクトから「 Firestore Database > データベースの作成 」をクリックします。

今回はテスト目的なので「テストモードで開始する」を選択し「次へ」をクリックします。

Cloud Firestoreのロケーションには「asia-northeast1(東京)」をクリックします。

これでCloud Firestoreのデータベースが作成されました。

「Cloud Firestore」データベースの仕組み

  • フィールド(field):「key:value」を持つ
  • ドキュメント(document):1つまたは複数のデータ/コレクションを持つ
  • コレクション(collection):複数のドキュメントを持つ

Cloud Firestoreを理解する上で必須なワードは上記の3つです。「フィールド=データ」の理解で大丈夫です!

「コレクション > ドキュメント > フィールド/コレクション > ... > ...」 と階層を下げてデータを保存できます。

本来Firebaseコンソールからコレクションを作ったらアプリからデータを追加しますが、今回は理解を深めるために手動でデータベースにデータを追加していきます。

データベースに手動でデータを保存

「コレクションを開始」からコレクションを作成します。

ドキュメントIDを自動生成し、フィールド(データ)を追加します。

これでデータベースに手動でデータを追加できました。

以上です。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる