Dart

スポンサーリンク
Dart

【Flutter/Dart】クラスの拡張|mixin

Dart言語におけるmixinついて解説していきます。mixinの役割を簡潔に言うと「クラスの機能を拡張するためのクラス」です。mixinはクラス単体では使用できず、classで定義されたクラスを拡張する時だけに使用できます。また、mixinで定義された複数のクラスをクラスで使用できます。
Dart

【Flutter/Dart】クラスの継承|extends/super/@override

Dart言語のクラスの継承について解説していきます。継承することで、ベースとなる親クラスのプログラムの機能または変更を、全ての継承したクラスに反映できます。よって、複数のクラスで繰り返し使われるコードを別のクラスで定義しておき、新しいクラスで継承します。
Dart

【Flutter/Dart】クラスの基本|プロパティ/コンストラクタ/メソッド

Dart言語のクラスについて解説していきます。クラスとはオブジェクト(インスタンス)を生成(インスタンス化)するための設計図のようなもので、Flutterで使われているWidgetもクラスをインスタンス化したオブジェクトです。よってDartでクラスの仕組みと使い方を理解すれば、Widgetも同じように扱うことができます。
Flutter

Flutter/Dart未経験からの学習コスト | Flutterのメリット・デメリット

Flutter/Dartの学習コストと向いてる人について紹介していきます。学習コストのハードルは結論から言うと「英語力に影響される」です。と言うのも、Flutterは2018年にリリースされたばかりで日本語の教材がほとんどありません。ただ、Flutterを先取りしておくならプログラミングスクールで学ぶことができます。
Flutter

【侍エンジニア塾】Dart(Flutter)が学べるプログラミングスクール

Dart(Flutter)が学べるプログラミングスクール「侍エンジニア塾」を紹介します!侍エンジニア塾とは、専属講師によるマンツーマン指導に特化したプログラミングスクールで、無料体験から初められます。また、無料カウンセリングを受けるだけで最大で3000円のAmazonギフト券や、キャリア相談などの特典があります。
Dart

【Flutter/Dart】main()とrunApp()とは?

Flutter/Dartにおけるmain関数とrunApp関数について解説していきます。main関数とはDartのプログラムを実行した際、最初に呼び出される関数で全てのプログラムはこのmain関数を通して実行されます。また、runApp関数を使えば引数として代入されたWidgetをWidgetツリーのrootとしてプログラムを実行できます。
Dart

【Dart】Flutter入門のためのDart基礎文法学習ガイド

Flutterでアプリ開発を始めるためのDart言語の基礎文法ガイドです。Dart言語の基礎文法の使い方を網羅しています。また、各テーマごとに解説ページのリンクを載せているので詳細はリンク先で確認できます。
Dart

【Flutter/Dart】変数の種類と使い方|型と宣言

Dart言語における変数の型と宣言方法について解説していきます。変数を生成することを「宣言」と呼び、変数を宣言するには、変数に代入されるvalueの型を指定する必要があります。また、変数の基本となるint, double, String, boolean, List, Set, Map型の7種類の変数の宣言方法について紹介していきます。
Dart

【Flutter/Dart】Loopの種類と使い分け|for文/while文/break文/continue文

Dart言語におけるLoopの種類と使い分け方について紹介します。ループ処理には大きく分けてfor文とwhile文の2つがあります。また、for文やwhile文に「break文」「continue文」を実装することで、ループ処理を強制終了したり、ループ処理の途中でループの先頭に戻ったりできます。
Dart

【Flutter/Dart】static修飾子の使い方|静的変数/静的メソッド

Dart言語におけるstatic修飾子ついて解説していきます。static修飾子を使えば、クラスのプロパティ/メソッドをインスタンス化せずに使用できます。また、static修飾子を宣言したプロパティ/メソッドをそれぞれ、静的変数/静的メソッドと呼びます。
タイトルとURLをコピーしました