Udemyセール開催中! 対象コースが1,220円から

【実話】SES企業の実務未経験求人は経歴詐称に注意! スキルシートの経歴詐称させられそうになった話

独学でプログラミングスキルを身につけてもエンジニアとしての実務経験なしではエンジニア就職、転職を果たすのが難しいと悩んでいる方は少なくないはず。

私自身プログラミングは独学で学び、将来はフリーランスとして働くために実務経験を積みたいと思いたので、実務未経験から入社できるSES企業の求人に応募したことがあります。

その求人の特徴としては、SES企業が行なっている自社スクールでプログラミングスキルを身につけたら、開発できるエンジニアとしてエンジニアデビューを果たせると言うものでした。

しかしながら、自社スクールを卒業し待っていたのは「経歴詐称」でした。

私には「経歴詐称」ができず、後日内定を辞退したのですが、私と同じような境遇に直面している人、これから直面するかもしれない人のために私が経験したSES企業での実体験を本記事で紹介できたらと思います。

開発できるエンジニアとしてエンジニア転職できる!

目次

経歴詐称をさせられそうになるまでの過程

私が応募したシステムエンジニアの求人では、まず初めに自社スクールで数ヶ月かけてWeb制作に必要なスキルを身につけながら、実際の案件に近い課題をクリアしていき、スクール卒業時に内定をもらうといったものでした。

内定をもらうまでの期間(スクール在籍中)のサポートは厚く、悩みなどの相談も丁寧に対応してくれて好印象でした。よって何不自由なくスキルの習得に専念しスクールを卒業できました。

スクール卒業後に経歴詐称の話しをされる

スクールを卒業し内定をもらった後、客先常駐エンジニアとして働くために企業面接の対策をしていくことになったのですが、面接対策初日に見たことのないスキルシートを渡されこう告げられました。(若干違いますが要点は一緒)

「早速ですが、このスキルシートの人物になりきって面接対策をしていきましょう。」

要するに経歴詐称をしてれと頼まれたわけです。馬鹿らしすぎて後日内定を辞退しましたが、その際に何を言われたかここに記します。

「実務未経験では開発の仕事に関われない」と言われる

偽装のスキルシートを渡されて、経歴詐称の話しを切り出された際「こいつ何言ってんの?」とキョトンとしていましたが、面接対策のカウンセラー(以後カウンセラーと呼ぶ)は驚いた私に対し続けて次のように述べました。

「実務未経験からシステムエンジニアとして開発に関わるのは無理です! 実務経験がないとロースキルの仕事しかできず、スキルアップできないのでいつまで経っても開発に関われません。」

「実務経験なしでエンジニアとして開発に関わりたいなら、何処かでアクション(経歴詐称)を起こさなければいけません。」

こんな感じでハッキリ言われ「やられた!」と思いました。

と言うのも、求人募集では「スクール卒業後にいきなり開発に関われるシステムエンジニアになれる」と記載されていましたが「経歴詐称なしで」とは明記されていなかったんです。

他のSES企業や先輩エンジニアも経歴詐称してるから大丈夫

経歴詐称の話を切り出された時点で、私は内定を辞退することを心に決めましたが、カウンセラーは私にシステムエンジニアとして稼いでもらうために「経歴詐称」に対する安心材料を提示してきました。

その中の1つが「他のSES企業の実務未経験の先輩エンジニアの多くが経歴詐称しているから大丈夫」と言うものでした。要するに「赤信号皆んなで渡れば怖くない」理論です。

「いや、詐欺だろ!」とツッコミたくなりましたがグッと堪え話しを聞いていくと、結局のところ実務未経験のシステムエンジニアはどこも雇ってくれないから何処かで経歴を偽っている(スキルシートを偽装)グレーな世界だと言われたのです。

面接の後で自分なりに調べてみましたが、実際同じようなことをやっているSES企業が存在するのは理解しましたが、それでも「詐欺は詐欺」だと私は思います。

スキルシートを偽装しても実力があれば問題ない

カウンセラーはスキルシートの偽装は問題ないと断固していました。

ちなみに私が渡されたスキルシートでは、数年の実務経験を持っており、チーム開発で複数のWebサイトを開発したことになっているものでした。

しかしながら、当時の私は実務経験ゼロ、チーム開発なしで自社スクール研修で数ヶ月プログラミングを学んだだけの経歴でした。(独学でプログラミングを学んでいた期間は除く)

「実務経験は数年はやばすぎ!」と思いました。

ところが、カウンセラー曰く「自社スクールを卒業していれば、スキルシート同等のスキルはあるから問題ない!」とのことでした。

要するに「嘘を現実にしてしまえば、バレないからOK」ってことです。

また、スキルシートで記載している成果物は全てチーム開発で行ったことになっているので、面接で自分の制作担当の箇所だけ質問対応できれば後は曖昧にできるから大丈夫とこのことでした。

けど私の場合は大学を卒業しており、時系列的に「実務経験数年の嘘」がバレるとカウンセラーに話すと「大学は中退したことにするか高卒にしてください。」と言われたんです。

「最低だな!」と思いました。

これって自分がしてきたことを全否定されているのと同じですし、バレなきゃ何をしても良いって企業理念についていくことはできませんでした。

バレても企業が責任を持つから大丈夫!

最悪すぎて今すぐこの場で内定辞退(面接対策初日)してやろうと思いましたが、流石に不味いと思いカウンセラーに経歴詐称がバレた場合はどうなるのか話を聞いてみました。

すると「なぜバレると思うんですか?」と言われ正直戸惑いました。

だって、いきなりチーム開発を任されて現場に行っても、業務で使う専門用語は何一つ分かりませんし、同僚と親しくなって過去の話をする際も嘘をつく必要が出てくるわけなのでバレる可能性は普通にあるからです。(ストレス溜まりぎて私なら鬱です)

そのことをカウンセラーに伝えると

「バレることはまず無いですけど可能性は確かにあります。 仮にバレてしまっても私たち(企業側)が経歴詐称するよう頼んでいるのであなたに責任問題は一切ありません」

と言われましたが、信じられなかったです。

なぜなら「経歴詐称がバレても責任を負う必要はない」なんて記載された書類は一切手元にありませんし、一人のエンジニアのために企業が全責任を持つなんて考えられないからです。

ましてや「経歴詐称をさせようとする企業が」です。

経歴詐称を切り出されて内定を辞退

自社スクールに在籍中の対応は良かったですが、内定後の面接対策が始まって経歴詐称の話しが出た瞬間に「こんな会社で働けない」と思い数日後に内定を辞退しました。

結果、内定を辞退して良かったです。

やはり経歴詐称をした後の生活は辛いだろうし、私の場合はメンタルが弱いので鬱になっていたと思います。今思えば、詐欺を肯定的にさせるなんてとんでもない企業です。

実務未経験からエンジニアを目指すならスクールがおすすめ!

プログラミングスクールに行っても転職できないって言う人もいますが、経歴詐称をさせられそうになった私から言うと、転職サポートがしっかりしているプログラミングスクールはかなり魅力的です。

実務未経験から独学でエンジニアを目指している人は一度プラグラミングスクールの無料カウンセリングで業界のことを相談してみるのが良いと思います。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる