Udemyなら最安1200円でプログラミングがずっと学べる!

【Amazonアソシエイト】税務情報に関するインタビューの入力例

税務情報に関するインタビュー

「米国税務情報に関するインタビュー」の記入方法がわからない

Amazonアソシエイトのアフィリエイトで稼いだ報酬を受け取るには「米国税務情報」を入力する必要があります。

ただ、米国税務情報では日本国籍の場合の入力例が無いので本当にこの入力の仕方で正しいのか不安ですよね。

本記事ではそんな方のために実際の入力画面の画像を使いながら入力手順について紹介します。

AmazonアソシエイトではAmazon Primeのアフィリエイト記事が制作できるよ!

目次

米国税務情報を入力しないで放置しても良い?

税務情報に関するインタビュー1

米国税務情報を入力しない場合は支払いが先送り

米国税務情報の入力が済んでいないと、Amazonアソシエイトの管理画面上で税務情報を入力するよう「重要なお知らせ」で指示されます。

こんな感じで警告されると怖くて早く入力しないって思うかもしれませんが、別に今すぐ入力する必要はないので安心してください。

入力しなかった場合はただ支払いが先送りされるだけです。

ただ、Amazonアソシエイトの管理画面を開くたびにこんな感じで「入力しろ!」って警告されるのは嫌なので早めに入力するのがおすすめです!

米国税務情報は「重要なお知らせ」の「お支払い/米国税務情報」から入力できるよ!

税務情報に関するインタビューの入力方法

税務情報に関するインタビュー言語選択

「お支払い/米国税務情報」をクリックすると「税務情報に関するインタビュー」がタイトルの入力ページが表示されるので必須項目を全て入力します。

入力項目
  • あなたについて
  • 税務情報の身元情報
  • 所得関連
  • 署名して送信

表示言語が英語の場合、右上にある「言語を選択」でJapanese(日本語)を選択すれば日本語表示に切り替わるよ!

「あなたについて」の入力例

税務情報に関するインタビュー2

「あなたについて」でユーザー情報を選択します。

本記事ではAmazonアソシエイトの「税務情報に関するインタビュー」の入力者が「日本人」「個人」「海外収益・納税なし」と仮定して記事を書いています。

税務上の身元情報

税務情報に関するインタビュー5

「税務上の身元情報」ではユーザーの身元上を入力します。

記入例
  1. 氏名 > Yamada Taro(山田 太郎さんの場合)
  2. 国籍 > 日本を選択
  3. 現住所 > 現住所を入力
  4. 郵便先の住所 > 現住所と異なる場合はチェックを外して住所入力

米国税務情報なので氏名の入力はパスポートのように「全て大文字」かつ「名前>苗字」で記入せずに、「苗字>名前」かつ「頭文字だけ大文字」で記入しましょう。

入力するときは「半角」にしておこう!

税務情報に関するインタビュー4

「私は米国以外のTINを持っています」でチェックを外し、「なぜ、TINを指定できないのですか?」で「私が税金支払いの義務のある国では、移住者にTINを発行していません。」を選択します。

日本のTINは「法人番号」であって、「マイナンバー」ではないので注意!

所得関連 & 署名して送信

税務情報に関するインタビュー5

「所得関連」では「サービスは全て米国外で発生します。」を選択し、「署名して送信」のボックスにチェックを入れます。

税務情報に関するインタビュー6

署名フォームが表示されるので「署名」に氏名を入力します。今回も「苗字>名前」かつ「頭文字大文字」で大丈夫です。

「日付」は自動的に入力日に設定されているのでそのまま「保存してプレビュー」をクリック。

「プレビュー画面」で入力内容が全て正しかったらそのまま「送信」すれば完了だよ!

まとめ

Amazonアソシエイトでしか作れない「Amazon Prime」のアフィリエイトリンクなどで様々な商品やサービスを紹介して報酬をゲットしていきましょう!

目次
閉じる