【Flutter入門アカデミー】Flutter/Dart学習サイト | クロスプラットフォームアプリ開発入門

Flutter入門アカデミー TopPage
ティファ
ティファ

「Flutter入門アカデミー」では、クロスプラットフォーム開発ができる現在急成長中のフレームワーク「Flutter」について紹介しているよ。

スポンサーリンク

そもそもクロスプラットフォーム(マルチプラットフォーム)とは?

クロスプラットフォーム(マルチプラットフォーム)とは、異なるOSやデバイスなどのプラットフォームで同様のアプリケーションを作動させるプログラムのことです。多様なOSやデバイスが存在する現在において、クロスプラットフォームでのアプリ開発の普及が期待されます。

クロスプラットフォームアプリ開発のメリット

クロスプラットフォーム開発が可能なFlutter、ReactNative、Xamarinなどのフレームワークを使えば単一のソースコードで複数のプラットフォームに対応したアプリが作成できるので、開発コストを大幅に削減できます。

クロスプラットフォームアプリ開発のメリット
  • 異なるプラットフォームでアプリを作動できる
  • 開発コストを大幅に削減できる

サービスアプリ開発の代表的なフレームワークであるSwift、Kotlinはそれぞれ「iOSアプリ」「Androidアプリ」と言った1つのプラットフォーム開発を目的として作られているので、クロスプラットフォーム開発可能のフレームワークが向上してきた現在では、Swift、Kotlinでのアプリ開発は時代遅れになりつつあると言えます。

クロスプラットフォーム開発できる主なフレームワーク比較

FlutterReact NativeXamarin
開発会社GoogleFacebookMicrosoft
開発言語DartJavaScript / TypeScriptC# / F#
iOS / Android / Web /
Windows / macOS / Linux
iOS / Android / WebiOS / Android /Windows / Mac
IDEAndroid Studio / IntelliJ IDEA /
Visual Studio Code
Visual Studio Code / NuclideVisual Studio Code
ホットリロード

世界的に親しまれているサービスアプリ開発向けのクロスプラットフォーム開発フレームワークは「Flutter」と「React Native」の2つです。Xamarinもクロスプラットフォーム開発が可能ですが、開発言語の習得難易度が比較的高く、Flutter、React Nativeと比べるといまいちの人気です。

トレンド比較では「Flutter」が「React Native」を圧勝

Google TrendsでFlutterとReact Nativeのトレンドを「日本」とIT大国トップ3の「アメリカ」「インド」「中国」で比較してみたところFlutterの人気が圧勝でした。(青色グラフ:Flutter、赤色グラフ:React Native、5年間の人気動向)

日本

引用元:Google Trends 2021/6/20取得

アメリカ

引用元:Google Trends 2021/6/20取得

インド

引用元:Google Trends 2021/6/20取得

中国

引用元:Google Trends 2021/6/20取得
ティファ
ティファ

日本ではまだ知名度の低い「Flutter」が、Google Trendsでは「React Native」よりも人気が優っているのには驚きですね!それではFlutterの特徴について紹介していくよ。

スポンサーリンク

Googleの最新フレームワーク「Flutter」の特徴

ポイント
  • 単一のコードでiOS、Android、Windows、macOS、Linux、Webアプリが開発可能
  • ホットリロード機能、Widgetによる開発速度の向上
  • 高品質で美しいUIが開発可能
  • 開発言語「Dart」の習得は比較的簡単
  • Widgetによるツリー型のシンプルなUI構造
  • Flutter WebでPWA、SPAが採用
  • 世界トップ企業とのコラボ開発による更なる進化
  • Googleの最新フレームワークである期待値

開発コストが低く、開発速度が速い

Flutterではクロスプラットフォーム開発が可能なので、プラットフォームごとにエンジニアを雇う必要がなく、Flutterエンジニアだけで全てのメジャーアプリを開発でき、大幅なコスト削減が可能です。また、Flutterでは「ホットリロード機能」や「WidgetによるUI構築」によりスピーディーなアプリ開発ができます。

「Google」と「iOS」のデザインと機能が使用できる

Material design

FlutterではパッケージをインポートすることでGoogleとiOSで使用されているデザイン(マテリアルデザイン/Cupertino)が使用でき、高品質で美しいアプリ開発が可能です。

開発言語「Dart」の学習コストは低い

FlutterではGoogleが開発した「Dart」がFlutterの開発言語として使用されています。DartはJavaScriptを補う目的で作られたプログラミング言語で構文がJavaScriptとほぼ同じで理解しやすく学習コスト、フレームワークであるFlutterと共に使用することで快適なアプリ開発が可能です。

Flutter Webでは、「PWA」「SPA」が採用

Flutter2によるFlutterの大幅アップグレードで「Flutter Web」がbeta版からstable版になり、Webアプリのリリースが可能になりました。Flutter WebではGoogle推奨の「PWA」が採用されており、高品質なパフォーマンスとユーザーエクスペリエンスの向上を可能にしました。また「SPA」も採用されていて単一のWebページでアプリケーションが構成でき、表示速度が高速化されています。

Canonical・Microsoft・Toyotaとのコラボ開発

GoogleのFlutterチームは世界のトップ企業である「Canonical」「Microsoft」「Toyota」とのFlutterを採用したコラボ開発を進めています。CanonicalはFlutterをデスクトップやモバイルアプリのデフォルトフレームワークとしたプロダクト開発、MicrosoftはデュオスクリーンデバイスでのFlutterの実装、Toyoyaは社内エンターテインメントでのFlutterの実装の検討、開発を進めています。

Googleのフレームワークである「Flutter」の期待値

Flutterは2018年にリリースされたばかりでまだ未熟なフレームワークではありますが、既にIT大国を中心に世界中で急成長しており、Flutterを開発したGoogleも成長を続けています。また、大手企業とのコラボ開発の成功、「Flutter desktop」のstable版のリリースがされた際には更なる普及が期待されます。

ティファ
ティファ

Flutterがまだ日本で普及していないうちに、Flutterのスキルを身につけておくことで他のエンジニアと差がつけられるね!

スポンサーリンク

Flutterの環境構築(MacOS)

MacOSでのFlutterの環境構築の方法はこちら

初めてのFlutterアプリ開発

Flutterを始めてのアプリ開発がしたい方はこちら

Dart基礎文法ガイド

Flutterでアプリ開発を始めるためのDart基礎文法ガイドはこちら

Dart(Flutter)を侍エンジニア塾で学ぶ

有名なプログラミングスクールの中でDart(Flutter)が学べるのは、現在「侍エンジニア塾」だけです。

主なFlutter記事一覧

主なDart記事一覧

タイトルとURLをコピーしました